セゾンカードのペイジー払いは繰上返済の意味なし

セゾンカードのペイジー払いは繰上げ返済の意味がない

セゾンカードは、「Pay-easy(ペイジー)払い可能」というのを売りにしています。

それだけを見ると、海外キャッシング情報に敏感な読者さんなら、「お、いいね!繰上げ返済がおトクにできるじゃん!」と思われるかもしれません。でも、覚えておいてください。

セゾンカードのPay-easy(ペイジー)払いは、繰上返済をおトクにできません。

なぜなら、この2つのカードのペイジー払いは、その月の引落し金額が確定した後でしかつかえないからです。引落し金額が確定するのは、1ヶ月以上あとのことが多いので、ほとんど節約にはならないので、注意が必要です。

※繰上返済について、詳しくはコチラのページで解説しています。
⇒記事:海外キャッシングで利息を減らす方法2(繰り上げ返済)

セゾンカードの公式サイトを詳しく見てみましょう。

セゾンカード公式サイトのペイジー払いの説明

セゾンカードのペイジー払いは、「Net入金」という名前で、公式サイトの「このような時に便利」の欄に書いてあるのですが、↓こういう使い方の想定のようです。

締め日を過ぎて、その月の請求金額が確定したときに、自分の銀行引落し口座の残高が足りてないことに気づいた。そんなときに、Pay-easyを使って、支払いができる。

「なんじゃその想定は!」とツッコミたくなりますが、海外キャッシングなんかとは縁のない、普通の方々は、そういう使い方をするんですね(苦笑)。

セゾンカード公式サイトにログインして見てみると

セゾンカードの公式サイトにログインすると、メニューの目立つところに「Net入金(Pay-easy)」という項目が出てきます↓。

セゾンカード公式サイトのペイジー画面1

そのNet入金の項目をクリックすると、↓このような感じで、その月の請求分の確認だけが出てきます。

セゾンカード公式サイトのペイジー払い画面2

やはり、セゾンカードでは、「その月の請求分が確定した後、銀行引落し日より前に一括返済する」という目的以外にはペイジー払いは使えませんね。

セゾンカードのペイジー払いでは、重要な2つのポイントが不可能なのです。

  1. 請求確定日(締め日)より前に返済したい ←不可能
  2. 海外キャッシング分だけ返済したい ←不可能

以上2点が不可能なので、利息を少なくする目的での繰上返済では使えません。

まとめ

●セゾンカードは、ペイジー払いが可能だが、海外キャッシングの繰上げ返済には使えない(使う価値がない)

以上のような感じなので、結局、海外キャッシングに関しては、セディナカードとSBIカードに並ぶカードを、まだ私も見つけられていません。
⇒参考:国際キャッシュカード/クレジットカード手数料比較ランキング

セディナやSBIができていることなので、他のカード会社もできないことはないと思うんですけどね。。。

私のほうも、引き続き、良いカードを探していきたいと思います!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ