韓国ATMの使い方(画像あり)2017年版

韓国仁川国際空港の到着ロビー前の友利銀行ATM

2016年11月に、韓国ソウルでATMを実際に使ってきたので、使い方を画像と共にメモしておきます。

インチョン空港 到着ロビー目の前のウリ銀行ATM

韓国仁川国際空港の到着ロビー前の友利銀行ATM

今回は、韓国インチョン空港の到着ロビーを出てすぐ、目の前にあったウリ銀行(友利銀行)ATMを利用しました。隣に銀行の両替があるところです。(この空港の窓口の両替はレートが悪いので、外貨両替しないように!)

日本語が使える。さすがGlobal ATM

このATM、「Global ATM」と書いてあり、日本語表示が可能でした。

韓国のATMでは、基本的に、日本語が選択でき、日本語で現金引出しの操作をすることができます。今回のウリ銀行ATMでも日本語で操作できました(下に実際の操作を解説しています)。旅行者が外貨両替しやすくて、ありがたいですね。

ウリ銀行の他にも、韓国外換銀行、新韓銀行、国民銀行などは、日本語表示可能なATMがあるようです。

ただし、古いATMの場合、日本語が選択できても、日本語表示だと操作の途中にエラーが出ることもある模様。そういう場合は、英語表示にすると、最後までうまくできることもあるようです。

ウリ銀行ATMの画面操作方法

では、実際にウリ銀行ATMの出金操作を見ていきましょう。

まず、ATMにカードを入れます。すると↓この画面が出てきます。

韓国ATM使い方1
↑まず、最初にやるのが言語の切り替え。ハングル文字の韓国語のままでは、わからないので、右下にある緑ボタン「Froreign Languages」を押します。言語の切り替えは、どの画面でも右下にあることが多かったので、「言語切替は右下」と覚えておきましょう。

韓国ATM使い方2
↑この画面でも、やはり「言語切替は右下」ですね。右下の緑ボタン「Froreign Languages」を押して、次の画面に進みます。

韓国ATM使い方3
↑ここでは「日本語」探してクリック。左の上から2番目にあります。

韓国ATM使い方4
↑この画面では、表示が間違っています(笑)。使用言語はすでに選んだので、「海外で発行したカード」をクリックしましょう。

韓国ATM使い方5
↑現金を引き出したいので「キャッシュサービス」をクリック。

韓国ATM使い方6
↑カードを読み込んでますね。

韓国ATM使い方7
↑パスワードの入力、つまり、暗証番号の入力です。このページは注意事項を言っているだけのページなので、すぐに右下の「引き続き」をクリックしましょう。

韓国ATM使い方8
↑このページで、暗証番号の入力をします。クレジットカードの場合、日本と同様、4桁の暗証番号でOKです。暗証番号を入力し、「確認」をクリック。

韓国ATM使い方9
↑金額入力画面です。引き出し金額は、1万〜100万ウォンが選べます。右下の紫のボタン「その他」を押すことで、細かい金額指定をすることも可能。

韓国ATM使い方10
↑次にATM手数料の確認画面になります。この手数料は、銀行キャッシュカードやデビットカードでは取られますが、クレジットカードだと基本的にATM手数料は取られません。その詳細は下に。

確認ボタンを押して、↓次へ。

韓国ATM使い方11
↑この画面の間、日本と同じで、「ガシャシャシャシャ…」と紙幣を数える音が聞こえます。

韓国ATM使い方12
↑現金より先に、カードと明細票が出てきます。すぐに抜き取って、しまいましょう。(海外では、すぐにATMからカードを抜き取ること。取らないと、犯罪機能が働き、ATMにカードが吸い込まれることがあるので注意)

韓国ATM使い方13
↑最後に、現金を受け取ります。

ATMから明細票もちゃんと出てくる

韓国ATM明細票

↑このような明細票もちゃんと出てきます。最近、他の国では、明細票を出さないATMもありますよね。

ウリ銀行ATMは土日も利用可能。365日使えます

ATMの左上に「365」と書いてあるように、ATMは365日利用可能です。なので、土日も使えます。空港のATMは24時間利用可能とのこと。

ウリ銀行ATMの引出し限度額

↑この画面に書いてありました。引出し限度額は、「1回100万ウォンまで」です。

ウリ銀行ATMの手数料

ATM引出しの最中に、↑このように表示され、「ATM利用手数料 3,600ウォン」が取られます。

また、私は検証できなかったのですが「時間外手数料も取られる」というウワサもあります。平日8時30分〜18時、土曜8時30分〜14時以外に利用した場合です。

ただし、これらのATM手数料ですが、日本のクレジットカードを利用したATM引出しの場合は、手数料がかかりません。詳しくは下で解説しています。

VISA、マスター、JCBで使えた。PLUSマークは無かった

ATMの上部に↑こう表示してあるとおり、今回は、VISA、マスター、JCBの3つの国際ブランドで利用し、どのカードも問題なく使えました。

三菱UFJ銀行や楽天銀行などのVISAデビットも使える

私はクレジットカードでの海外キャッシングでしたが、VISAが問題なく使えたので、三菱UFJデビットや、みずほ銀行デビット、楽天銀行デビット、ソニーバンクウォレットなどのデビットカードも、問題なく使えると思います。

(ただしデビットカードは手数料的には損になります。↓下に解説)

キャッシュパスポートやマネパカードも利用可能

マスターカードが使えたので、キャッシュパスポートやマネパカードなどの、マスターカード印のプリペイドカードも使えます。

PLUSマークは無かったので新生銀行は?

もう一度、ATMの上部を見てみましょう。↑PLUSマークは、ありませんね。

ただ、私自身、最近の各国の調査で感じるのですが、PLUSやCirrusのマークがなくても、現金引出しできることは、よくあります。なので、新生銀行のキャッシュカードでも引出しできる可能性は高いと思います。

他のブログなどで「ウリ銀行ATMを使って新生銀行キャッシュカードで引出しできた」という記事は目にしますしね。

(ただし、引き出しはできるものの、キャッシュカードは手数料的には損になります。↓下に解説)

クレジットカードでのATM引出しだと手数料無料

クレジットカードだとATM手数料が無料

普通なら、1回3,600ウォンかかるATM手数料ですが、これはクレジットカードの場合、かかりません。

というのは、クレジットカードの場合、ATMでの現金引出しは「キャッシング」扱いであり、つまり「借金」です。

で、クレジットカードの「借金」の場合、「利息以外に手数料を取ってはダメ」という決まりがあるので、手数料が無料になるのです(=カード会社の負担?)。

実際に、今回は、4枚のクレジットカードでATM引出しをし、

●セディナカード
●楽天カード
●エポスカード

の3枚でATM手数料は請求されませんでした。(SBIカードで請求されたのはエラーか、偶然だったと思われます。香港、台湾、シンガポール、ベトナム、中国などでは、全カードで請求されていないので)

さらに、セディナカードでは、利息も限りなくゼロに近くできます。スマホやパソコンから繰り上げ返済が簡単にできるからです。しかも、セディナカードは繰り上げ返済のときの振込手数料もかかりません。

つまり、セディナカードは、海外ATM引出しをしても、ほんのちょっとの利息以外、手数料がかからない、ということになります。この調査結果は、↓こちらの記事で詳しく説明しています。

韓国ソウル外貨両替2017年版 最安おすすめは大使館前?25ヶ所一斉調査

※この韓国ソウルの調査では、クレジットカードの中で唯一、SBIカードでだけATM手数料が取られました。そのため、SBIカードでの海外ATM引き出しはオススメしていません。ご注意ください。

このサイトが役立つと思われたなら、ぜひシェアをお願いします!!

6 Responses to “韓国ATMの使い方(画像あり)2017年版”

  1. みかんのはこ より:

    こんばんわ、のむてつさんのおかげで、
    ハッピー海外引き出しライフを送っています。

    しかし、ご報告です。
    9/7仁川空港、また、9/8高速バスターミナル付近のホテルで、
    のむてつさんのこのサイトにかいてあるとおりのキャッシングいたしました。
    7日は金曜日平日で時間は13時頃、
    8日は土曜日で時間は9時頃です。
    以下、セディナjiyuda!によるキャッシングを行いました。
    請求が以下の通り。
    ご利用日 ご利用方法 ご利用金額(円) お支払い方法
    2018.09.08 CD/ATM 10,304 1回払い
    2018.09.07 CD/ATM 10,372 1回払い
    7日、8日共に、1大韓民国ウォン は0.099 円ですので、
    のむてつ様のコストの概算だと、手数料15円は超えないはずなので、多分、とられています。

    といっても、怒りたいとかではなく、こんなこともありました!
    という報告をしく存じまして、お送りします。
    比較的少額で良かった・・・
    ご質問があれば、メールください。

    それではご報告でした。
    追伸:前回台湾に行ったときは手数料なし、素晴らしい引き出しライフでした、ありがとうございます。

  2. のむてつ より:

    みかんのはこさん、コメント&メールでのやりとり、どうもありがとうございました。

    他の人にもわかるように書きますと、結論から言うと、やはりセディナカードでのATM引き出しはお得だということがわかって良かったです!

    結局、今回の話は、セディナの金額が、

    ●「利用履歴」の数字には、現地ATM手数料が含まれている数字で、悪いレートに驚いた
    ●でも、実は「実際の請求額」では、現地ATM手数料が除外された数字で、以前と変わらず良いレートだった

    というオチでした。

    最終的には、2016年の調査と同じだった、ということで、安心しました。

    「利用履歴」と「請求額」の金額が違うことがある、というのは、気をつけないといけませんね。

    まあ、でも、それにしても、今後も、韓国で友利銀行ATMを安心して使えることがわかり、よかったです。

  3. さとう より:

    初めまして。

    私もセディナカードでキャッシングしたので、
    LinePayの韓国ATM両替サービスと比較してみます。

    2018.08.19に仁川空港にて10万Wを引き出して比較。

    ・セディナMASTER:9889円+利息14円(3日後返済)
    ・三井住友VISA:9904円+ATM手数料108円+利息19円(4日後返済)
    ・ソラチカ(JCB):9900円+利息14円(3日後返済)
    ・LINEPay:9910円+ATM手数料108円

    韓国に限っては、LINEPayを使うのもおもしろいですね。
    ただ、新韓銀行ATMを探すのが面倒かもしれません。
    JCBと三井住友の繰り上げ返済は、韓国のSIMを使ったのでそれぞれ6分、120円程度の電話代となりました。
    ATMに表示される3600Wの手数料はいずれもかかりませんでした。

  4. のむてつ より:

    さとうさん、韓国ATMでの貴重な情報、ありがとうございます!

    ポイントをまとめると

    ●2018年8月も現地ATM手数料3600Wは取られていない
    ●LINEpay外貨両替は、新韓銀行ATMを探すのが面倒
    ●レートは良い順に、master>VISA>JCB>LINEpay

    という感じなんですね。LINEpay、悪くはないですね。

    新韓銀行のTTBレートを調べてみました(参考)。8月19日は日曜なので当日のレートは調べられなかったのですが、

    8月17日(金)最終(18時)が、1W=0.9938円
    8月20日(月)最初(8時)が、1W=0.9913円

    だったので、さとうさんの「9910円」とほぼ一致します。なので、LINEpayは新韓銀行TTBレートで両替しているということですね。新韓銀行TTBレートは、VISA/master/JCBのレートより少し悪いくらい、というのもわかりました。本当にありがとうございます!!

    ところで、さとうさん、LINEpay外貨両替は、利用することでLINEのポイントは、もらえましたか?

    もらえるなら、もっと得ってことになりますよね。

  5. さとう より:

    お返事が遅くなりました。
    LINEポイントは未だ0ポイントなので、外貨両替では付与されないようです。

    40日ほど中国に出張しておりましたが、
    セディナカードでの繰り越し返済は、VPNを使用してネットで行えました。
    私はセカイVPNを使用したので、1ヶ月間無料でしたが、少なくともネットの知識がそれなりに必要です。

    今回も3つのカードでキャッシングしようと思っていたのですが、
    三井住友はATM手数料が発生するため、無駄なので却下。
    JCBの繰り上げ返済は、中国ではデータが上がるのに6日くらいかかりました。

  6. のむてつ より:

    さとうさん、お返事&最新情報、ありがとうございます!

    LINE Payの「韓国ATM両替」、私も先日、プサンで使ってみました。新韓ATMは、プサン空港にもあり、街にも結構あったので便利だったのですが、やはりLINEポイントは、もらえませんでしたね〜。残念。

    中国のセディナカード利用の情報もありがとうございます。VPNでなら、今も使えるんですね。VPNは、私は、先日使った「TunnelBear」というアプリが使いやすかったです!

    「JCBの中国利用のデータが遅い」という情報も、参考になります。ありがとうございました!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ [?]のむてつに質問する