タイ サイアム商業銀行(SCB)のATMの使い方(動画あり)2017年 日本語版(後半英語)

タイ サイアム商業銀行(SCB)のATMの

2017年10月に使った、タイのサイアム商業銀行(SCB)のATMの使い方を紹介します。

ATMの場所

ATMは、バンコク スワンナプーム空港の、出発ロビー階にあった、サイアム商業銀行窓口横のATMを使いました。ATMを選ぶときは、窓口近くのものを選んだほうが、トラブル発生時にすぐに助けを呼べるのでおすすめです。

ATMで現金引き出し動画(海外キャッシング)

操作の流れは、↓こちらの動画でつかんでください(一部、私の操作が間違っているところがあるのでご注意を)。細かい説明は、下の画像で説明していきます。

サイアム商業銀行(SCB)ATM引き出し画像&解説

↓まずは、カードを挿入します。

↓ATMが反応するまで数秒かかります。(画面が灰色なのは、このとき前タイ国王の服喪期間だったため)

↓タイ語で「もし不満な点があれば、ご連絡ください」と書いてあるようです。しばらく待つと、画面が切り替わります。

↓暗証番号入力画面。暗証番号を入力し、画面のOKを押して進みます。

↓言語選択画面です。日本語を選択します。(ただし、後半はなぜか英語画面になることに注意)

↓金額選択画面です。「引き出し」を選択すると、別の金額も指定できます。

↓少々お待ち下さい画面。

↓「ATM設置者手数料で220バーツ取りますよ」という画面。「はい」を押して進みます。(日本のクレジットカードの場合は、基本的に、この手数料は取られないのでご安心を)

この画面、要注意です。(なぜか、ここから画面が英語になります) 「当銀行が、このレートで両替してあげますよ」と提案してきます。ATMがレートを表示して両替を勧めてくる場合、その提案は、まずまちがいなく、乗ると損します。覚えておいてください(詳しくはこちの記事で⇒記事:悪質レートATM対策)。下の「No」のほうを押して進みます。Noのほうなら、普通のMastercardレートで現金引出しができます。

※私は動画では間違えてYESを押し、損してしまいました。みなさんは、失敗しないようにしてくださいね。

↓また少々お待ち下さい画面です。

↓現金をお取りください、の画面。(すごい札束ですね。笑)

↓現金を取ります。

↓レシート(=引出明細票)は必要ですか?と聞いてきます。もらっておくことをおすすめします。YESを押して、進みます。

↓カードが返ってきました。

↓レシート(=引出明細票)が出てきて、引出し完了です。

↓これらがレシート(=引出明細票)です。左上が、銀行の両替提案に乗ってしまったレシート。そのレシートには、「私は、Mastercardの両替を利用しないことを選択し、Mastercardにこの取引に対してクレームを言ったりしません」と書かれています。

くやしかったので、もう一度、同じセディナカードで引出しを行い、比較してみました。計算してみたところ、1000バーツ引出しで、

●Mastercardレート利用 3424円
●銀行ATM提示レート利用 3634円

と、200円以上も差がありました。%で言うと6%以上の差で、かなりのボッタクリレートだと言えます。みなさんは、くれぐれも、このワナにかからないよう、ご注意くださいね。

記事は、以上です。

このサイトが役立つと思われたなら、ぜひシェアをお願いします!!

4 Responses to “タイ サイアム商業銀行(SCB)のATMの使い方(動画あり)2017年 日本語版(後半英語)”

  1. JUN より:

    いつも参考になる記事を読ませて頂いております。
    有り難うございます。
    僭越ながら上の記事で『↓この画面、要注意です。』の所の写真が間違ってると思うのですが…。宜しくお願い致します。

  2. のむてつ より:

    JUNさん、ご指摘、どうもありがとうございました!!さっそく修正させていただきました。こういう画像が多い記事は、こういう間違いがよくありまして・・・。ご指摘、助かりました。

  3. tacojiro より:

    のむてつさん、 以前にSBIからリクルートへの切替えとセディナカードの活用ではアドバイスを戴き、有難うございました。 昨日初めてATMからタイバーツの引出しをトライしたら、上部画面のような手数料220B(22%)が表示され、びっくらこいて途中で止め、逃げ帰って来ました。 本日、改めて”のむてつ教本”を勉強し直しているところですが、「日本のクレジットカードは手数料は取られないのでご安心を…」に対して、最下部画面のレシートには220Bが記されており、実状は如何でしょか?

  4. のむてつ より:

    tacojiroさん、コメントありがとうございます!

    はい、タイのATMでは、現地ATMオーナー手数料の表示がでますよね。レシートにもその表示が出ます。でも、基本的には取られないので、安心してください。

    取られていないかどうかの確認方法は、公式サイトにログインして、カード明細を見て、請求額を確認するしかないんです。

    あと、「基本的には取られない」という回答の、「基本的には」の表現が気になりますよね。基本的には、日本のルールでは、「借金では、日本で決められたATM手数料と、利息以外は取っちゃダメ」というルールになっていて、取られないようになっています。

    普通は、①引き出した金額と、②現地ATMオーナー手数料が、別々のデータとして、カード会社に届くので、カード会社のほうで②だけを請求から除外できるんです。

    でも、海外ATMやシステムが古かったりすると、①引き出した金額と、②現地ATMオーナー手数料がごっちゃになって届くことがあるみたいなんです。そうすると、カード会社としては①と②を判別する手段がないので、やむをえず、請求に上がってきてしまう、ということになります。これが「『基本的』から外れたケース」で、ごくたま〜に、あります。私は2回だけ経験しています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ [?]のむてつに質問する