ローマ Euronet(ユーロネット)ATMの使い方(動画あり)2018年 英語版

ローマ Euronet(ユーロネット)ATM

2018年1月のイタリア ローマで、海外旅行者には「レートが悪い」として有名なEuronet(ユーロネット)のATMを試してきたので、解説します。

先に言っておきますが、ユーロネットATMも、操作方法を間違わなければ、普通のクレジットカードでのキャッシングと同様に、良いレートで引き出すことが可能です。

今回の操作では、引き出すところまで操作していませんが、最後の一歩手前のところまでやっていますので、参考にしてみてください。

場所は、ローマ空港とコロッセオ駅前のユーロネットATMを利用

ユーロネットATMは、2ヶ所で試してみました。

1つ目は、↓ローマ空港の税関の手前、手荷物受取場にあったATM。
ローマ空港のEuronet(ユーロネット)ATM

2つ目は、↓コロッセオの地下鉄駅前の売店のユーロネットATM。
コロッセオ売店のEuronet(ユーロネット)ATM

2つとも、画面の表示は、まったく同じでした。

その他、ユーロネットATMは、ローマの有名観光地の近くの両替所などにも見かけました。

ローマEuronet ATMで現金引き出し動画(海外キャッシング)

操作の流れは、↓こちらの動画でつかんでください。今回は、最後にキャンセルを押しているので注意。細かい説明は、下の画像で説明していきます。

(↑動画&↓画像はコロッセオのATMです)

ローマEuronet ATM引き出し画像&解説

↓まずカード入れます。

↓最初の画面は、こんな感じ。

↓カードを入れると、すぐに、この「少々お待ちください」画面に変わります。いろんな言語が書いてありますが、焦る必要はありません。このあとに、言語選択画面になりますから。イギリス国旗のところに、英語で「WAIT A FEW MOMENTS」と書いてありますね。

↓次に言語選択画面になります。英語を選択。

↓また少々お待ち下さい画面。

↓暗証番号入力画面。「暗証番号入力後、緑のボタンを押せ」と書いてあります。特に日本のカードは暗証番号が4ケタと、海外の暗証番号と比較して少ないので、必ず、暗証番号入力後は緑ボタンを押してください。

↓メニュー選択画面。現金引出しなので「CASH WITHDRAWAL」を押して進みます。

↓引出し金額選択画面です。ここは、あえて「他の金額(OTHER AMOUNT)」を選択してみます。

↓細かめの金額になりました。ここから選んでもいいですが、試しにもう一度、「他の金額(OTHER AMOUNT)」を選択してみましょう。

↓金額を入力する画面になりました。札は20ユーロ札か50ユーロ札で、その2つの札の組み合わせで自由に金額が選べるようです。

↓今回は「20ユーロ」と入力してみました。「CORRECT(正しい)」を押して次に進みます。

↓また、しばらくお待ち下さい画面。

↓この画面、注意です!出ました、悪質レート提示画面。ATMが両替レートを提示してくるときは、99%悪いレートなので断る必要があります。左の「DECLINE CONVERSION(両替を拒否する)」を選択して進みます。

※悪質レート対策に関しては、詳しくは、こちらの記事を読んでください。⇒極悪レートの海外ATM増加中。海外キャッシングで注意するポイント

↓この画面も注意です。「ほんとに両替しなくていいの?」と食い下がってきます。両替を拒否するために、左の「WITHOUT CONVERSION(両替なしで)」側のACCEPT(採用する)を選択します。

これで、普通は、お金が出てきて、カードが返却されて終了です。

ただ、今回は、調査でしたので、

↓このように、キャンセルボタンを押して、強制終了させました。みなさんも覚えておくといいいですよ。テンキーの横の赤ボタンを押せば、いつでもATM取引をキャンセルできますので。

↓こちら、別ATMの、空港のユーロネットATMですが、ここにも赤のキャンセルボタンがありますよね。

↓さっきまでのATMに戻り、これはキャンセルボタンを押したあとの画面。「取引がキャンセルされました。他の取引をしますか?」と聞いています。終了するのでNOを選択。

↓カードが返却されて、終了です。

イタリア ローマのお得な外貨両替方法比較記事はこちら

今回のユーロネットATMは、実際には使いませんでしたが、このときのイタリア ローマ調査で行った外貨両替方法比較の記事は、↓こちらです。

円ユーロ両替はどこがお得?22ヶ所レート比較 2018年フランス編

このサイトが役立つと思われたなら、ぜひシェアをお願いします!!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ [?]のむてつに質問する