【防犯対策】海外でのクレジットカードの安全な使い方とカード払いの注意点

海外でのクレジットカードの安全な使い方

海外旅行では、現金よりも安全に使えるクレジットカードが便利。

そんなクレジットカードを、より安全に使うためのコツを、ここにまとめておきます。

出発前の準備

旅行準備時

カードは必ず複数枚持っていく

カードは複数持っていく

カードは必ず2、3枚は持っていくようにします。なぜなら

●1枚を無くすかもしれない
●VISAやmaster、どちらかしか使えない店があるかもしれない
●海外旅行保険が良いカードと、海外キャッシングが良いカードは違う

などの理由からです。

もし海外でカードを無くした場合、日本に帰らないとカードの再発行ができないカードもあります。その場合、1枚しかカードを持っていないと、カード無しの状態になってしまいます。

なので、必ず2、3枚は用意するようにしましょう。

ピン(暗証番号)を覚えておく。4ケタで問題無し

クレジットカードのピン(暗証番号)入力の機械

海外でのクレジットカード利用では、ピン(暗証番号)を使うことが多いです。海外では6ケタのピンが多いですが、日本のピンは4ケタ。4ケタでも世界で使えるので、安心してください。

機械に入力するときなどは、4ケタを押したあとに「エンターキー」を押せばOK。(全世界的にエンターキーは緑色のボタン)を押せばOK。

必ず出発前に、自分のピンを確認して、覚えておきましょう。

カード会社の連絡先をメモしておく

初めての海外利用だと、不正利用と勘違いされてカードが止まることがあります。でも、止まったときもカード会社への電話一本でまた使えるようになるのでご安心を。

カードが止められたときに備えて、カード会社の連絡先をメモしておきましょう。体調が悪くなったときのために、保険関連の連絡先も一緒にメモしておくことをおすすめします。

※海外から日本の0120フリーダイヤルに電話できるIP電話サービス「ブラステル」がおすすめです。ブラステルに関してはこちらの記事で解説しています。

カードの持ち歩き

旅行中、カードは分けて別の場所に保管

カードを分けて持っていれば、被害は少なくて済む

複数枚のカードは、必ず分けて携帯するようにしましょう。例えば、1枚はカバンの中、もう1枚はパスポートと一緒に身につけて持っておく、などです。

1つのカバンの中に一緒に持っていると、そのカバンを盗まれたら終わりですから。

必要なカードだけを持ち歩く

カードは、必要なカードだけを持ち歩くようにしましょう。とりあえず使わないカードは、ホテルの金庫の中や、スーツケースの底など、他人の手が届きにくい場所に保管します。

カード払いするとき

カード払いするときの注意点

カード払いするときが、最も犯罪に遭いやすいタイミングです。注意点を書いておきます。

まずはレシートをチェック

海外カード払いのレシート

海外では、レシートが間違っていることが結構あります。ちゃんと、頼んだものが来ているか、来ていないものがレシートに載って請求されていないか、をチェックします。

チップ

レシートのチップ欄

海外ではレシートにチップの欄があることがあります。チップをあげる場合は、レシートのチップ欄に金額を書いて店員に渡します。

レシートのサービスチャージ

ただし、レシートに↑このように「サービスチャージ」として、すでに請求が載っていれば、それがチップのことなので、チップは不要です。(もちろん、追加でチップをあげても構いません)

金額間違いに気をつける

クレジットカード機械の金額が間違っていないかチェックする

店員が、レシートから、クレジットカード支払いの機械に金額を打ち込むときに、金額を間違うことがあります。必ず、金額をチェックしましょう。

●暗証番号入力の場合は、入力する機械の金額表示をチェックする
●サインの場合は、サインする紙の金額表示をチェックする

「日本円?現地通貨?」と聞かれたら現地通貨を選ぶ

日本円にしますか?それとも現地通貨にしますか?

店によっては、「日本円?現地通貨?」と尋ねられることがあります。結論から言うと、現地通貨がおすすめ。現地通貨のほうがお得になります。

「日本円?現地通貨?」の質問は、どういう意味かというと、カード会社に、「日本円建てで請求するか?現地通貨建てで請求するか?」という意味。

2つの違いは、↓こういう感じ。

「日本円建て」の場合は、店が日本円のレートに直し、カード会社に請求する

「現地通貨建て」の場合は、店が現地通貨の価格のままカード会社に請求。カード会社がその価格を日本円に換算して請求

何が大きな違いとなるか、というと、使われるレートが違ってきます。

①の日本円建ての場合、使われるのは、その店独自のレートです。はっきり言って悪いレートがほとんどです。

②の現地通貨建ての場合、使われるのはVISA/masterなど国際ブランドのレートです。こちらは、公式サイトでも発表されていて安心で、良いレートです。

勝手に日本円建てにされていないかのチェックも必要

受け取ったカード明細に日本円の表示があったら要注意
タイで勝手に日本円にされてしまったときのレシート

私も経験がありますが、店によっては、勝手に日本円建てにする、ひどい店もあります。その場合は、レシートを見るとわかります。日本円建てにしてある場合は、レシート上に「=●●●JPY」のように日本円の表示があります。

現地通貨建ての場合は、「=●●●JPY」のような日本円の表示はレシートに載らないので、覚えておきましょう。

勝手に日本円建てにされた場合は、店の人に言って、現地通貨建てに換えてもらうか、返金してもらいましょう。

ピン(暗証番号)入力とサイン。サインは日本語でOK

大体の店は、カード払いすることを伝えると、ピン(暗証番号)入力か、サインか、店側で、どちらか勝手に決められてしまいます。

ただ、店によっては、ピンかサインかを選ぶことができるので、選びたい場合は、ちゃんと店の人に伝えましょう。ピンを忘れた場合も、サインで済ませられないか尋ねてみるといいです。

サインは、カード裏にしたサインを書くようにしましょう。海外の店によっては、サイン欄にピィ〜ッと横線を引くだけでOKにしてしまう店もありますが、それだと万が一、何かトラブルが生じたときに証明になりません。気をつけましょう。

カードは目の届く場所で処理してもらう(できるだけ)

カード払いの機械

カード情報を盗まれないために、カードは目の届く場所で処理してもらうようにしましょう。

テーブルチェック(レジではなくテーブルでの支払い)の店だと、なかなか難しいときもありますが、できるだけ目の前でカード処理をしてもらうように店の人に頼んだほうが安全です。

暗証番号は絶対に見せてはダメ

カード払いの暗証番号入力の良い例

暗証番号は絶対に他人に見せてはダメです。これは一番大切なことです。

クレジットカードは不正利用の場合、請求を拒否できるのですが、暗証番号を盗まれてカードを不正利用された場合は、自己責任となり、請求を拒否できません。

逆に言えば、最近は、カード利用に暗証番号が必須になってきているので、暗証番号だけ死守すれば、かなりの犯罪を防ぐことができます。

店内カメラで暗証番号が盗撮されないよう、気を付けるべき

ピン(暗証番号)は死守する
●暗証番号を入力するときは、店員から見えないように手で隠す
●店内の監視カメラにも暗証番号が映らないように手で隠す
●ATMキャッシングのときも暗証番号入力は手で隠す
●暗所番号を盗まれたときは自己責任

以上は必ず覚えておいてください。

「現金あるだけ払い+残りをカード払い」も可能

海外旅行の最終日などで、現地通貨が余っているとき、使い切りたいですよね。そんなときは、「現金あるだけ払い+残りをカード払い」という支払い方だとキレイに使い切れます。お店に相談してみましょう。

カード払いのレシートは必ずもらっておく

カード払いのレシートは保管しておく

カード払いのレシートは必ずもらっておきましょう。あとで、カードの請求の明細と確認が必要だからです。特に海外でのカード払いは、カード会社の明細に載らない情報も多いので、保管は必須です。

スマホで、レシートを写真に撮っておくのがおすすめです。

支払いに失敗した場合は、失敗のレシートももらっておく

海外では、たまに、カード払いに失敗することもあります。その場合のレシートも、もらっておくようにしましょう。

失敗をしたフリをして、もう一度、支払いをさせる「二重取り」という犯罪もあります。それの予防です。

帰宅後&ホテルに戻ってから

帰国後orホテルに帰ってからすること

カード会社の会員サイトで利用明細の確認

セディナ利用明細

海外でのカード利用は、3日後くらいにカード会社の公式サイトの利用明細に反映されます。

VISAは反映が早いです。2日後くらい。JCBはmasterよりも遅いときが多いです。

クレカの中で、ジャックスカードだけは、反映が非常に遅いので注意してください。2週間ほどかかったこともあります。

身に覚えのない請求がないかチェックする

カード会社の明細の中に、身に覚えのない請求(不正利用?)を見つけたら、すぐにカード会社に連絡します。

そのカード利用の、銀行引き落とし前なら、カード会社にその不正利用を連絡すれば、その連絡だけで請求が止まります。

ただ、一旦、銀行引き落としがされてしまうと、そのお金が戻ってくるのに時間がかかってしまいます。一応、保険でそういう不正利用は補償されることになっているのですが、引落後の返金は時間がかかるので注意しておきましょう。

その他、海外カード払いでよくある質問

その他、よくある質問を書いておきます。

レートはいつのもの?

適用されるレートは、カード利用日のレートとは限りません。翌日などにズレることもよくあります。

締日より前に払ったのに、引落しが翌々月になった

これも、ちょくちょくあります。一括払いなら損はないですが、1日ごとに利息が増えていくキャッシングの場合は注意しましょう。

まとめ

以上、海外でのクレジットカードの安全な使い方とカード払いの注意点、でした。

たくさん注意するポイントがあって、驚いた方もいるかもしれません。でも、クレジットカードは、現金持ち歩きと比較すると格段に安全な手段です。

それをさらに確実に安全に使う方法を、このページで紹介しているだけです。なので、念には念を入れて、という意味で、取り組んでみてください。

カードを上手に使って、みなさんが安全で楽しい旅行ができることを祈っております!

このサイトが役立つと思われたなら、ぜひシェアをお願いします!!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ [?]のむてつに質問する