国際キャッシュカードとクレジットカードの違い

事前に外貨両替の手続きなしに
海外現地で現地通貨を引き出せるカードとしては、
国際キャッシュカードと、クレジットカードがあります。

では、その2つの違いは何なのでしょうか?

クレジットカードのしくみと選ぶポイント

クレジットカードは、
カードに入会するときに、引き落とし銀行口座を指定します。
そして、海外で現地通貨引き出しをすると、日本円に計算し直され、
締め日に集計されて、支払日に銀行口座から引き落とされることになります。

クレジットカードなので、支払までは「借金」という扱いとなり、
利息を払わないといけません。ですので、上手に使うためには、
利息を減らす工夫が必要
です。利息を減らす工夫は、
こちらの記事を参考にしてください。
クレジットカード海外キャシング(海外現金引出し)で利息を減らすポイント

国際キャッシュカードのしくみと選ぶポイント

国際キャッシュカードは、もっと単純で、
普段日本で使っているキャッシュカードと同じです。
先に銀行口座にお金を入れておき、その金額分まで
引き出せる、ということです。それが、海外のATMでも引出しできる、
というだけです。

借金ではないので、利息はつきません。でも、
「両替手数料」や「事務処理手数料」という形で手数料が取られます

ですので、国際キャッシュカードを作るときは、この手数料の少なさに
注目してお得なカードを選ぶのがコツ
となります。

国際キャッシュカードは、銀行が発行しています。
『Knt!トラベルキャッシュ』は、何のカードなのかわかりづらいですが、
要は、スルガ銀行が発行しているデビットカードです。
口座数を集めるためにKnt(近畿日本ツーリスト)と提携して
Kntの名前で「旅行に便利です!」と言って集客しているだけです。

※デビットカードは、キャッシュカードにプラス、
 買い物もできる機能がついたものです。
 (海外で買い物もできます)

国際キャッシュカードとクレジットカードを比較してみると

国際キャッシュカードとクレジットカードを
海外キャッシング(海外での現地通貨引出し)で比較してみると
残念ながら、圧倒的にクレジットカードが有利なのが現状です。

国際キャッシュカードの手数料が割高で、
クレジットカードの利息のほうが安く済むからです。

国際キャッシュカードの手数料はどんどん改悪される傾向にあり、
三菱東京UFJ銀行のように国際キャッシュカード発行をやめてしまう
銀行も出てきています。

国際キャッシュカードは、
利用者にとっては便利なサービスなのですが、
なかなか儲からないサービスなのかもしれません。

ということなので、現状では、クレジットカードを
上手に使うことを当サイトではおすすめしています。

※トップページで、国際キャッシュカードとクレジットカードの
 比較をしていますので、参考にしてみてください。
 ⇒国際キャッシュカード徹底比較トップページ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ