2015年1月香港ドルへの両替比較 現地調査@香港の結果

香港の中国工商銀行のATM

「海外で本当にお得なカードはどれだ?!」という謎を解明するため、
実際に、現地ATMからお金を引出し、調べてみました。
(2年半ぶりの調査です♪)

今回、2015年1月の香港旅行で、下の4枚のカードで、
それぞれ500香港ドルを引出し、手数料&金利を調査。

  • Jiyuda!!カード(マスター)
  • セゾンMileagePlusゴールド(マスター)
  • セディナ JR東海Expressカード(JCB)
  • ジャックス 漢方スタイルクラブカード(VISA)

よく、「JCBと、visaとマスター、結局どれの為替レートがお得なの?」
という問題が話題になったりしますよね。

両替レートだけを見ると、マスターが良いという情報が多い。
でも実際に使ってみると、どうなんでしょうか?
そのへんも調べてみました!

先に結論。

先に、わかったことの結論を書いておきます。

  1. JCB・VISA・マスターがどれが得かを調べるために「同じ日・同じ時間に引き出してみる」のは意味がない
    同じ時間に引出しをしても、レート確定日がカードごとに違うから。つまり正確な比較は不可能。おすすめは、「レート確定の早いカード」。
    レート確定が早い=早く繰上返済ができる=利息を少なくできる
  2. 繰上げ返済をするなら、Jiyu!da!マスターカードが最強。
    (OMCカード系のセディナカードなら、どれでも良い)
    為替レート確定日が一番早く、ネット上で繰上返済ができて、便利。
  3. 繰上げ返済しないなら、ジャックスカードが有利。
    金利が、支払の月の1日からしかかからないため、合計支払額が少なくて済む。
    繰上げ返済も、余裕を持って行うことが可能。

という結論です。細かい説明は、下で。

今回とれたデータ

今回取れたデータがこちらです。

500香港ドルを1月26日ほぼ同時刻に、ATM引き出した調査結果
香港キャッシング調査結果

これらの数値を元に、今回、分析しました。

では、ポイントを、順に見ていきましょう。

同じ日の為替レートを比較しても意味がない

500香港ドルをATM引出ししたときの為替レート比較

↑このデータを見ると、今回、為替レートが一番良かったのは、
JCBマークのセディナJR EXPRESSカードでした。

JCB < マスター < VISA

という感じで、高くなっていきますね。

ただ、他のサイトでも、よく行われている、こういう比較なんですが、
同じ日、同じ時間のJCBとVISAとマスターのレートを比較しても意味がないんです。

なぜなら、同じ日の同じ時間ににATM引出しをしても、
それぞれ採用されるレート日がカードによって違う
から。

↓こんな感じで違います。

スクリーンショット 2015-05-12 13.45.51

今回の調査でも、同じ1月26日の15時半ごろにATM引出ししたのに、
明細上のレート日は、26日だったり、27日だったりしました。

※ジャックス漢方スタイルクラブカードのレート日は不明だったため、
VISAの公式サイトの数値から読み取って、レート日を推測しました。

参考
JCB、VISA、マスターの、公式に為替レートを公開しているサイト
JCB http://www.jcb.jp/rate/jpy.html
VISA http://usa.visa.com/personal/card-benefits/travel/exchange-rate-calculator.jsp
マスター https://www.mastercard.com/global/currencyconversion/

カード選びで重視すべきは、レート確定の早さ

では、何を基準にカード選びをすればいいのでしょうか?

その答えは、「レート確定の早さ」です。

現地ATMから現地通貨を引き出す、海外キャッシングでは、
繰上返済をすることで、よぶんな金利支払いを節約できます。
つまり、節約しようと思ったら、繰上返済は必須。

で、そこで、注意点なのですが、
繰上返済は、為替レートが確定していないとできないのです。

海外キャッシングから繰上げ返済までの流れは、手続き上、こういう流れが必要です。

海外キャッシングから繰上げ返済までの流れ

  1. 海外ATMで引出す
  2. ATMからVISAやマスターなどの会社に引出し情報が届く
  3. VISAやマスターなどの会社が、為替レートを決定
  4. VISAやマスターからカード会社に、為替レート情報が届く
  5. カード会社に電話し、繰上返済時の返済額と振込先を教えてもらう
  6. 返済額を振り込んで、返済完了

繰上返済をするときは、カード会社に電話し、返済額を聞く必要があるのですが(上記の5)、
上記の3と4が完了していないと、返済額をカード会社に尋ねても、
「データが届くまでお待ちください」と言われてしまうのです。

以上を踏まえるとこうなります。

海外でお得なカード選びのポイント

  • 為替レート確定が早いカード ⇒ 支払い金利が少なくて済む
  • 為替レート確定が遅いカード ⇒ 支払い金利を多く支払うはめに

今回の調査では、1月26日にお金を引き出したのですが、
4枚のカードのうち、Jiyuda!カードが最速で、
1月29日にレートが確定していました。

セディナJiyu!da!カードは為替レートの確定が早い

【レート確定の早さ比較】
一位 Jiyuda!カードmaster 2日後
二位 セゾンMilagePlus master 4日後
三位 ジャックス漢方スタイルクラブVISAカード 19日後
四位 セディナJRエクスプレス JCBカード 情報なし(少なくとも2日後の時点では未確定)

Jiyuda!カードは、繰上返済の手続が圧倒的にカンタン

jiyuda

為替レート確定の早さで、一位だったJiyuda!カードですが、実際にJiyuda!カードの繰上げ返済の手続きをやってみると、これが、非常に手軽にできて、感激!

上にも書きましたが、
普通、繰り上げ返済は、ちょっと面倒なんです。

【普通の繰上げ返済手続き】

  1. カード会社に電話して、レートが確定したか確認。
  2. 確定した金額を教えてもらい、返済の振込先を教えてもらう。
  3. 銀行から振込(ネットバンキングやATMから)。

1の部分、これがちょっと面倒で、レートが確定していない場合、後日に電話をかけなおさないといけないですし、また、海外からだと国際電話になり、料金がかかります。(0120のフリーダイヤルは、国際電話からだと、かけられないことが多いですしね)

それが、このJiyuda!カードだと、カンタンです。

【Jiyuda!カードの超カンタンな繰上返済手続き】

  1. カード会社のサイトにログインし、レート確定したかを確認。
  2. 確定していれば、同じサイト内の「入金受付サービス(Pay-easy)」から支払い。
    (確定は大体2,3日後)

以上のみです。5分ほどで完了します。

ネットさえあれば、電話も不要ですし、支払もネットの管理画面からたどって、できてしまいます。
しかも、しかも、ペイジー(Pay-easy)からだと振込手数料は無料
さらに、しかも、で、土日祝でも振込が可能!(=支払金利の節約)

今回、実際に利用してみて、このお手軽さに感激してしまいました(笑)。

また細かい手続き方法は、別ページで解説する予定です。

※Jiyu!da!カードの良さは、このサイトのトップページで、他のカードと比較して説明しています。そちらも参考にしてみてください。

さらに調査を続けました

レート確定が早く、また繰上げ返済もカンタンなので、イチオシカードは、Jiyuda!カードで確定だったのですが、せっかくなので、もう少し調査を続けてみました。

次に調べてみたのは、繰上げ返済以外の部分です。

残りの3枚のカードでは、繰上げ返済しなかったら、金利はいくらになるのか?というのを調査してみました。

金利は、ATM引出しをした日から、支払日までかかります。

支払日と、支払日までの日数は、こうです。

1/26香港ATM引出しの、支払日と支払日までの日数
スクリーンショット 2015-05-12 15.12.07

  • セゾンゴールド 3/4支払、38日間
  • セディナJR   3/6支払、40日間
  • 漢方スタイル  3/27支払、61日間

↑これ、普通なら、61日間と一番長い、漢方スタイルカードの金利支払が、一番多くなるはずですよね。

でも、それが違ったんです。

漢方スタイルカードの金利支払が、実は、一番少なかったんです。

その理由は、↓下で。

ジャックスカードのキャッシング金利は特殊

漢方スタイルクラブカードを出しているのはジャックスカードです。
実は、ジャックスカードの金利は、海外キャッシングの場合、少々特殊なのです。

ジャックスの公式サイトには、こう書いてあります。

ご利用金額に対し、ジャックスから会員様にご請求を行った月の初日(ただし、利用日以降)から返済日までの日数に、実質年率18.00%を乗じた額を加算してお支払いただきます。http://www.jaccs.co.jp/service/cardservice/card_lineup/j4.html

なので、今回は、
1月26日に香港でATMで現金引出ししたのですが、
金利は1/26日からかかったのではなく、
支払日である3/27の月の初日、つまり3/1からの金利だけなのです。

ジャックスカードの金利は、支払月の一日からだけでした。

3/1〜3/27で、27日間分ですね。

なので、セゾンゴールドやセディナJRexpressカードよりも、漢方スタイルカードのほうが、支払金利が安く済んだのです!

ジャックスカードの活用方法

ジャックスカードの海外キャッシングは、そんな特長があったんですね!
実は、私も、今までに公式サイトの文面では読んだことがあったものの、ちゃんと理解をしていませんでした。。。

で、このジャックスカードの特長ですが、
まとめると、こんなふうに言えると思います。

ジャックス系カードの長所

  • 繰上げ返済せずに、いつものカード支払日に支払うなら、ジャックス系カードは、金利が少なくてお得。
  • ジャックス系カードの海外キャッシングの金利は、30日分以上かかることはない!

で、さらに、私、考えました。

「じゃあ、ジャックス系カードで、利息がつく最初の日となる、
 支払日の月の初日までに繰上返済すれば、支払う金利をゼロにできるんじゃないか?」と。 

 ↑
ダメでした(笑)

ジャックスカードに問合せたところ、
繰上返済をしても、必ず何かしらの金利はかかる、とのこと。
(カード会社も商売ですもんね。そりゃそうだ。苦笑)

支払日の月の初日までに繰上げ返済した場合は、
下記2つのどちらか安いほうの利息がかかるそうです。
1.支払月の1日から支払日までの利息
2.ATM引出日から振込日までの利息

ということなので、
ジャックスカードの利点としては、「繰上返済しないならお得」というところに留まるようです。

あと、ジャックス系カードは、長所の反面として、注意点もあります。

ジャックスカードは、私も以前に記事にしたことがありますが、レート確定がすごく遅いです。
上に書いた、「金利が支払月の初日からしか、つかない」という特長は、実は、他のカードよりもレート確定が遅いことに対してのジャックスの対応策なのかもしれません。

それを踏まえて、ジャックス系カードの注意点をまとめておきます。

ジャックス系カードの注意点

  • レート確定は、他のカードに比べて、非常に遅い。
  • 繰上げ返済をするつもりでも、手続きまでに忘れる可能性あり。

という感じになります。

まとめ

もう一度、今回の調査のまとめを書いておきます。

2015年1月海外キャッシング調査@香港の、まとめ

  • 同じ日のレートでJCB・VISA・マスターを比較するのは意味ナシ。
    繰上げ返済をするなら、「レート確定の早さ」が一番重要。
    お得なカードはレート確定の早さで選べ。
  • 繰上げ返済をするなら、Jiyuda!!マスター。
    為替レート確定日が一番早く、ネット上で繰上返済ができるのは、すごく便利。
  • 繰上げ返済しないなら、ジャックスは有利。
    金利が、支払の月の1日からしか、かからず、支払が少なくて済む。
    繰上げ返済も、余裕を持って行うことが可能。

次回また、4月に台湾で調査して来る予定です。

このサイトが役立つと思われたなら、ぜひシェアをお願いします!!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ