海外キャッシングで利息を減らす方法(繰り上げ返済)

繰り上げて支払うことで利息を止めるのが繰上返済

クレジットカードで海外キャッシングをする場合、キャッシングの利息を減らす方法として、強力な方法、『繰り上げ返済』について説明します。

繰り上げ返済とは

海外キャッシングの場合、利息は毎日増えていく

クレジットカードで海外ATM引き出し(=海外キャッシング)をした場合、利息は1日1日、増えていきます。いくら増えるのかと言うと、引き出した額の0.049%の額です。(多くのクレジットカードのキャッシング利息が年18%なので、18%÷365日=0.049%で計算)

10万円引き出した場合は、1日49円。この49円が、カード引落し日までかかる、というわけです。

具体的に見てみましょう。
海外キャッシングした場合の利息のつき方
締め日が15日、支払日が10日の場合で考えてみます。

3月1日に現地通貨を10万円分、引き出した場合、3月2日から利息が発生し、支払日の4月10日まで、40日間、利息がかかります。総利息は↓こうなりますね。

49円×40日=1960円 

支払までの日数によって、利息が変わる。それなら、支払を早くすれば、利息が減りますよね。だから、『繰り上げ返済』するのです。

繰り上げて支払うことで利息を止めるのが繰上返済

繰り上げ返済

『繰り上げ返済』とは、本来の支払日よりも早く返済する方法です。そんなことができるんですね。私もそんなサービスがあることは、以前は知りませんでした(笑)。

3月1日に引出したとして、3月4日に繰り上げ返済をしたとしましょう。
繰り上げ返済の図
利息がかかる日は、3月2日~3月4日の3日間のみ。
3月4日に繰り上げ返済をしたときの利息は、

49円×3日=147円 

わずか147円になるのです!!

繰り上げ返済の具体的な手続き

繰り上げ返済の方法は、簡単です。

繰上返済の手順
①カード会社に電話連絡し、
②その日までの利息を計算した支払金額と振込み口座を教えてもらって、
③そこに振り込んで完了です。

(セディナJiyu!da!カード、セディナカード、SBIカードなど、電話不要でネットで申込みできるカード会社もあります)

これは、つまり、国際電話と、インターネットで日本のネットバンキングが利用できる環境にあれば、海外滞在中でも繰り上げ返済が可能という意味です。

留学やワーホリ、駐在など、長期間、海外に滞在する人なら、インターネットと国際電話ができる環境にいると思いますので、利用するのは簡単ですよね。

最近なら、日本の携帯を海外ローミングで使える地域も増えていますから、ネットバンキングもできれば、日本の携帯だけでも手続きができてしまいます。ただ、そのときは、国際電話代+国際パケット代をちゃんと考えて、損にならない程度で済ませる必要があります(無料のwifiを使うなど)。

スカイプなど、安く国際電話できる方法が準備できれば、さらに節約できると思います。

※ただし、カード会社の電話番号が0120のフリーダイヤルなど、スカイプで電話できない番号のこともあるので、それは事前に調べておきましょう。

おすすめの国際電話方法(2016年9月23日追記)

2011年3月にこの記事を書いてから、私自身も、何度か繰上返済をしてきました。繰上げ返済の手続自体は、カード会社に電話して振り込むだけなので簡単なのですが、やはり、問題は海外からの国際電話でした。

海外から0120が電話できない。。。。

何年か、0120へ電話できずに甘んじていたのですが、やっと良い方法を探し当てました!海外から0120へ電話する方法としては2つあります。(両方ともアプリとしてスマホに入れられます)

1.050plus(NTTコミュニケーションズ)
2.ブラステルの050Free

おすすめは、2のブラステルです。

1の050plusのダメな点は、2点。
●月額基本料300円(税抜)がかかる
●NTTコミュニケーションズが提供するフリーダイヤルじゃないとかけられない

その点、ブラステルは、
●月額基本料無料
●ほとんどのフリーダイヤルにかけられる(一部ダメ)
●通話料も050plusより安いことが多い

という感じで優れています。

…と言っても、最近の繰上返済は、↓下で説明するように、セディナカードなら電話も不要でできてしまうなので、国際電話することも少ないかもしれないですけどね。

おすすめ!電話不要でネットだけで繰上げ返済できるカード

ネット手続きだけで繰上返済できるカード
●セディナカード
●セディナカードJiyu!da!
●SBIカード

上記のカードは、なんと、ネット上の操作だけで、電話不要で繰上げ返済できます。セディナカードは、公共料金の支払いなどに使われることが多い、Pay-easy(ペイジー)払いを繰上げ返済に使います。SBIカードは独自の支払い方法です。

しかも、上記の3枚は、繰上返済の支払い時に振込手数料不要です。

この3枚は、まさに「海外キャッシングのために生まれてきたカード」です。私もガッツリ使い倒しています。特に、↓このセディナカードは年会費無料なので、オススメです。

おすすめ国際カード一位




セディナカード

手数料(利息) 0.15%~、年会費無料。
外貨10万円分を引出時の総コスト147円
繰り上げ返済が電話不要でラクなのがセディナ系のカード。

  • 繰上返済時にカード会社への電話が不要。ネットだけで返済可能。=電話代が節約できる(旅行中の国際電話代を考えるとメリット大!)
  • 繰上返済時、振込手数料が無料(pay-easyペイジー登録銀行から)。
  • ペイジーなら、土日祝でも振込可能。=早く返済すれば利息が少なくなる。

というような、まるで海外キャッシングのためにあるようなカード。一般的にレートが良いと言われるmasterカードを選べることも強みの一つ。実際の繰上返済手続きは、こんな感じです。⇒セディナカード・Jiyu!da!カード繰上返済の手順

これらの電話不要カードは、トップページのおすすめカードにも指定しているので、見てみてください。⇒おすすめカード

このサイトでは、繰上返済のときに必要な、国際電話料金や振込手数料なども含めた、総手数料の比較ランキングを作っています。計算の方法など、参考にしてみてくださいね。⇒国際キャッシュカード比較表

実際に海外の各地で海外キャッシングをしてデータを取っています。データを見たい方は、こちらからどうぞ。⇒海外現地調査

このサイトが役立つと思われたなら、ぜひシェアをお願いします!!

3 Responses to “海外キャッシングで利息を減らす方法(繰り上げ返済)”

  1. […] 済をしないと得にはなりません。(繰上返済に関しては、コチラの記事で説明しています⇒海外キャッシングで利息を減らす方法2(繰り上げ返済) | 国際キャッシュカード徹底比較) […]

  2. haruka より:

    こんにちは
    こちらのサイトいつも参考にさせて頂いています。

    少し困っているので、良かったらメールでご返答頂けると嬉しいです。

    実は、セディナカードを作って海外にいるのですが.海外に来たらomiプラスのアプリもWEBサイトもサーバが応答せず入れなくなってしまいました。繰り上げ返済をしたいので、メールでの連絡先を探したのですが、そちらもサーバが応答せず入れません。
    何か連絡出来る方法はご存知でしょうか?

  3. のむてつ より:

    harukaさんのご質問の件、メールで返信済みですが、他の人にも役立つと思うので、↓こちらの記事に対応策をまとめておきました。参考にしてみてください。

    記事:セディナカードで繰上返済ができない場合の対処方法

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ