ベトナム外貨両替2017年版 おすすめ最安はベンタイン市場?11の両替所&両替方法を比較

ベトナム旅行のドン外貨両替はどこでするのが一番トクか?

ベトナム旅行のとき必ず必要となる、通貨ドン。
あなたはどこで外貨両替していますか?

日本の空港での両替が、レートが悪いことは知っている人が多いと思います。
でも、じゃあ、代わりにどこで両替するといいのか調べてみると、

「日本よりベトナムでの両替が良いよ」
「空港よりも街の両替所が良いよ」
「ホーチミンならベンタイン市場が良いよ」
「クレジットカードでのATM引出しは手数料が取られて損」

と、いろんな説があります。

でも、いろんな記事を読んでも、ちゃんと調べている記事って、ないんですよね。2,3の両替所を見ただけの話だったり、最初からATMは除外していたり。

これは、自分でちゃんと調べ直すしかない!

ということで、今回、気合いを入れて、ホーチミンの11の場所&方法で一斉調査!ベトナムドン両替方法論争に終止符を打ちたいと思います!

(12の場所&方法=ネットでオススメとされていた両替所を含む6軒の両替所、4枚のカードで5種類の現地ATM引出し方法を比較。2016年11月調査)

まずはドンの現金両替。ホーチミンで6軒の両替所を比較した結果

今回も、香港ソウルに引き続き、↓下のように一覧表にしてみました。表の中では、一番レートが良かった両替所をピンク色にしてあります。

参考までに、日本での両替レートも一緒に載せておきます。三菱東京UFJはドンの扱いが無いようなので、中部国際空港のトラベレックスのレートを。前日のレートしかなくてスミマセン。

それにしても、日本の空港でのドン両替は手数料たっぷりで絶望的に悪いです。↓こんな感じ。

※上乗せ率は基準値からの%

場所 画像 店の名前 1円=何ドン? 上乗せ率
アプリ 基準値(アプリから) 213.79 0%
日本空港 中部国際空港トラベレックス(前日のレート) 181.82 15%
三菱東京UFJ銀行 取扱なし
ホーチミン空港 BIDV(ベトナム投資開発銀行) 209.63 1.9%
ドンコイ通りの両替所(Eximbank No.59) 213.00 0.4%
グエンフエ通りの両替所(Eximbank No.01) 213.00 0.4%
マックティブイ通りの両替所(Hung Long Money Exchange) 213.50 0.1%
ベンタイン市場 Hà Tâm 214.50 -0.3%
MAI VÂN 214.70 -0.4%

↑ピンクの店が、一番両替レートの良い店です。

結論を言うと、ベトナムドンの現金両替で一番レートがお得だったのは、ベンタイン市場の隣の2軒の両替所。1円=214ドン後半で、これは、なんと利益ゼロのはずの基準値より良いレート。

この2軒のレートですが、赤字レートであるのは、この日は何か理由があったんだと思います。何か、日本円を高く買っても採算が合う理由が。普通なら、ありえないレートですもんね。

で、このデータを見てみると、事前に得ていたウワサは、ほぼ正しいことが判明。

レートの良さ順にすると↓こうですね。

ホーチミンでの両替レート比較
ベンタイン市場>街中の両替所>ベトナム空港>日本の空港

ちなみに、↓この店の看板が「No.59」の両替所は、他のブログなどでも良く見かけた店なのですが、そんなにレートは良くなかったです。

やっぱり一番良いのは↓ココでしたね。

ベンタイン市場の隣の両替所2軒が最強。

ベンタイン市場隣の両替所HA TAM

ベンタイン市場隣の両替所MAI VAN

↑このベンタイン市場の隣の両替所2軒は、飛び抜けてレートが良いことで有名。今回は南側の「MAI VAN」さんのほうがレートが少し良かったのですが、北側の「Hà Tâm」さんのほうがレートが良いこともあるようです。

地図も載せておきますね。

ただ、やっぱり、実際に行ってみて思ったのは「周辺の雰囲気(治安)は良くない」ということ。ベンタイン市場はスリが多いことで有名なので、この両替所の周辺も、もちろんいるでしょう。両替所には、結構、人も集まってますし、両替することに熱中していると、その間にサッ、という感じで被害に遭ったりすると嫌だな、とは思いました。

特に、夜は、スリやひったくり等に注意したほうが良いそうです。

ドン両替所調査@ホーチミンでわかったことまとめ

ここで前半のまとめとして、6軒の両替所での、ドン現金両替の結果をまとめておきます。

ベトナムドン両替(現金両替編)でわかったこと
●日本の空港でのドン両替は絶望的にレートが悪い
●ホーチミンのタンソンニャット国際空港での両替もレート悪い
●ホーチミンの街中の両替レートは、そこそこレベル
●ベンタイン市場の隣の両替所2軒は驚異的にレートが良い

ホーチミンで両替するならベンタイン市場ですね。ただしスリに注意。

あ、でも、まだ待ってくださいね。

続いて、現地ATMでベトナムドン引出しをした場合と比較します。両替所の最安レートは、「1円=214.70ドン」でした。さて、現地ATM引き出しと、最安両替所では、どちらがお得なのでしょうか?

結果は、↓こうなりました。

ベトナムドン両替調査(現地ATMで海外キャッシング編)

シェラトンサイゴン(ホーチミン)の中にあるATM

今回のホーチミンの調査では、4枚のカードで5種類のベトナムドン購入方法を比較しました。最安両替所の「1円=214.70ドン」より良いレートが出てくるでしょうか?

調査したカード4枚と、5種類の方法とはコレ↓です。

調査したカード4枚と、5種類の方法
●エポスカード(VISA)でペイジー繰上返済
●エポスカード(VISA)で繰上返済なし
●楽天カードJCB
●セディナカード(マスター)でペイジー繰上返済
●SBIゴールド(マスター)で繰上げ返済

今回も、ソニーバンクウォレットは除外しました。なぜなら、ATM引出しだと手数料として1.76%かかり、この時点で、「上乗せ0.5%」が普通の格安両替所には勝てないからです。

ATMはホーチミンのタンソンニャット国際空港のBIDV(ベトナム投資開発銀行)を利用

ホーチミン空港のATM

ATM引出し調査は、両替所調査と同日の2016年11月8日。タンソンニャット国際空港に到着してすぐ、到着ロビーを出て、すぐ横にあったBIDV(ベトナム投資開発銀行)のATMで行いました。

ベトナムドン現地ATM引き出し(海外キャッシング)の結果

↓こちらが集計結果です。

ベトナムホーチミンでの海外キャッシング結果

惜しくも、最安両替所の勝利。ただ、差は少ないです。セディナカードなら、街中の両替所とは良い勝負です。

計算をしなおして、わかりやすく比較してみると、↓こうなります。

ホーチミン海外キャッシング結果
●最安両替所(ベンタイン市場)
1円=214.70ドン、上乗せ率 -0.4%
●セディナカード(マスター)
1円=213.06ドン、上乗せ率 0.3%
●街中の両替所
1円=213.5〜213ドン、上乗せ率 0.1〜0.4%
●楽天カード(JCB)
1円=209.27ドン、上乗せ率2.1%

ベトナムドン外貨両替調査(海外キャッシング編)でわかったこと

ベトナムドン外貨両替調査(海外キャッシング編)でわかったことをまとめます。

ホーチミンでの海外キャッシングのまとめ
レートの良い順に
1位 ベンタイン市場隣の両替所
2位 セディナカード
2位 街の両替所
4位 ベトナム空港
5位 楽天カード
6位 その他のカード
7位 日本の空港

●海外キャッシングに向くのはセディナカード(マスター)
●国際ブランドでは、VISA、マスターが同じくらいで、JCBが悪かった
●繰上返済が無料でできない楽天カードは不利
●SBIゴールドでだけ、ATMで表示された手数料が取られた

という感じです。

安全面を考えるとATMでの海外キャッシングがおすすめ

実際に行ってみて感じたのですが、ホーチミンではATM引き出し(=海外キャッシング)がオススメです。

というのも、ベンタイン市場の両替所は、たしかにレートは良いのですが、付近はスリが多いので、気軽におすすめはできないな、と感じたからです。

両替するわけでもない人も周囲に集まってきており、なんか怪しい(苦笑)。渡されたお札をゆっくり確認もしづらい。集中してお札を数えていると、後ろからスリに狙われそうだからです。

一方、ATMは、空港内でも人目につく場所にあり、悪い人に狙われることも少ないかなと思いました。ATMなら札の枚数のごまかしも無いですしね。

ホーチミンの街角には多くのATMがありました

空港にATMはありましたが、ホーチミンの街を歩いていると、いろいろな場所にATMがありました。ですので、空港ではなくてもATMは使えますね。私が宿泊したホテル、シェラトンサイゴンの中にもATMがありましたよ。↓これです。

シェラトンサイゴン(ホーチミン)の中にあるATM

おすすめは、空港以外では、銀行にあるATMか、ホテルにあるATMです。人目があって犯罪をしにくいですし、もしトラブルがあったときに、すぐに助けを呼べるからです。

クレジットカードなら海外キャッシングをしてもATM手数料は取られません(SBIカードを除いては)

「ベトナムではATMを使うと、ATM手数料が取られるので損」というウワサは、半分ウソで、半分本当です。

ATM手数料というのは2種類あり、

ATM手数料は2種類ある
①カード会社が取る手数料、
②ATM設置者(地元の銀行など)が取る手数料、

があります。

①の手数料は持っているカードによって決められているので、今は置いておき、問題は②のほうです。

この②のATM設置者手数料は、ベトナムでATMを利用すると、↓このように「ATM手数料を取りますよ!」と警告が出ます。

ベトナムホーチミンでの海外キャッシング時のATM手数料の表示
「6万ドンのATM手数料と、6千ドンの税金がかかります」と書いてあります。

でも、このATM手数料と税金、クレジットカードだと取られないのです(原則的に)。実際に、今回使った、セディナカード、楽天カード、エポスカードでは、ATM設置者手数料が取られていません(上の表を参照)。

なぜ、クレカだと取られないのか。それは、日本では「借金では利息以外は取っちゃダメ」という決まりがあるからです。

自分のお金から引き出される、銀行のキャッシュカードやデビットカード、プリペイドカードなどだと、ATM手数料は取られる。でも、クレカの借金(=キャッシング)だと取られない。しかもキャッシングなら、繰上返済をすれば利息もほとんどナシで返済できて、さらにトク。

「自分のお金で払うと損で、借金だとトク」というのは、なんか変な感じがするのですが、それが現状の制度。そういう決まりになっているので、これはこれで、うまく活用しましょう。

ただし、SBIカードでだけATM手数料を取られました。。。

SBIゴールド

上に「クレカだとATM手数料を取られない!」と自信満々に書いたのですが、SBIカードでだけ、ATM設置者手数料を取られました。

SBIカードは、今までの現地調査(シンガポール、台湾、香港、中国)で、セディナカードと並んで、海外キャッシングでお得な数字を叩き出してきたカード。しかし、そんなSBIカードが、昨日の韓国ソウルでの現地ATM引き出し調査に引き続き、ATM設置者手数料を取られたために、あまり得じゃない結果に。

②のATM設置者手数料は、↑上の写真のように、ATM引出し時にATMの画面に表示されても、今までは、SBIカードでも請求されたことはありませんでした(香港、台湾、シンガポール、中国での調査にて)。

しかし、今回、韓国ソウルに引き続き、ベトナムでも、なぜかSBIゴールドカードでだけ、このATM設置者手数料が取られていました。

非常に不可解なのですが、カード会社に問い合わせても「海外からの請求に関しては、よくわかりません」という回答。残念ながら理由は闇のままです。

この数日後の、シンガポール調査では、SBIカードででもATM手数料は取られていなかったので、ATM手数料が取られてしまうのは、韓国とベトナム独自のものだと思います。

ただ、どこの国で取られるかは、現状ハッキリしないので、今後、SBIカードでの海外キャッシングは控えることをおすすめします。

ベトナムホーチミンお得な外貨両替まとめ

また長文になってしまいましたので、まとめます。

最初に書いたウワサの検証ですが、

ベトナム両替ウワサの検証
●「日本よりベトナムでの両替が良いよ」←正しい
●「空港よりも街の両替所が良いよ」←正しい
●「両替ならベンタイン市場が良いよ」←正しい
●「クレジットカードでのATM引出しは手数料が取られて損」←間違い

ということがわかりました。

2016年11月のベトナムホーチミンで、11種類の外貨両替方法(6軒の両替所と4枚のカードで5種類の現地ATM引き出し方法)を比較した結果は、

一番おトクだったのは、ベンタイン市場隣の両替所(ただしスリに注意)
セディナカード+繰り上げ返済*なら街の両替所よりおトク
●レートの良かった順
1位 ベンタイン市場隣の両替所
2位 セディナカードでATM引き出し
2位 街の両替所
4位 ベトナム空港
5位 楽天カード(優遇金利だったので)
6位 その他のカード
7位 日本の空港

となりました。

*繰り上げ返済の解説はコチラ

ベンタイン市場のレートは驚異的でした。なんせ、両替所が赤字になるレートですから(笑)。これには、連戦連勝のセディナカードも、さすがに負けてしまいましたね。

ただ、ベンタイン市場以外の両替所との比較では、セディナカードは十分良い結果でした。ですので、ベトナムでも、両替所に行かず、セディナカードでATM引き出し(=海外キャッシング)をするのは大いにアリだと思います。

ATM手数料も、セディナカードでは取られませんしね(ベトナムだけではなく、他の国でも)。

要注意なのは、両替所周辺は雰囲気があまり良くない、ということ。あそこで、大金の両替はちょっと怖い。その点では、やはりATM引き出しがオススメです。ATMなら、空港を始め、いろいろな場所にあり、安全っぽいATMを選ぶことも可能です。またATMなら、お札を少なく誤魔化されることもないですしね。

海外ATM引き出しでお得なカードは、このトップページの比較表で、詳しく比較しています。参考にしてみてください。

このサイトが役立つと思われたなら、ぜひシェアをお願いします!!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ