ハワイ旅行の米ドル外貨両替はどこがお得?33方法レート比較2018年5月

米ドル外貨両替調査@ハワイ ホノルル2018年5月

円から米ドルへの外貨両替って、ハワイへ海外旅行するときは、どこで行うのが一番お得なのでしょうか?

米ドルやユーロは、メジャーな通貨なので、他の通貨とは少し違うとも聞きますよね。「米ドルやユーロは現地より日本で両替したほうが得」などの説も耳にします。それらは本当なのでしょうか?

またハワイ外貨両替の他の疑問として、

ハワイ外貨両替の疑問
●日本とハワイどっちで両替すべき?
●最安両替所はどこなのか?
●ハワイ現地ATMでのキャッシングは損なのか?
●海外ATM手数料は取られるのか?
●一番お得なATMはどこか?

などが、わかりませんでした。そこで、これらの疑問を解決すべく、2018年5月に現地へ飛んで調査実行。ATM調査も気合いを入れて、5枚のカードで計12回のATM引き出しをしてきたところ、いろいろポイントもわかってきました。

それらのポイントを、このページにまとめつつ、わかりやすく解説していきます!

目次

米ドル両替は日本かハワイか、いつ、どこですると良いのか?

円から米ドルに両替するとき「どこで」両替するか、という問題があります。大きく分けると、↓このような感じで6種類くらいの両替場所があります。

円⇒米ドル両替の手段はこれだけある
①日本の銀行や両替屋(外貨宅配も含む)
②日本の空港の銀行や両替屋
③ハワイの空港の両替所
④ハワイの空港のATM
⑤ハワイの街にある両替所
⑥ハワイの街の銀行のATM

今までのアジア各国の調査では、↑この順番がキレイに、下に行くほど両替レートがお得でした。では、米ドルのハワイでは、どうなのか?見ていきたいと思います。

①日本の銀行や両替屋(外貨宅配も含む)はイマイチ

外貨宅配

まず最初、日本の銀行や両替所の外貨両替を調べてみました。

ハワイはクレジットカードが使える店が多く、現金の出番は少ないので、5万円分を米ドル両替した想定で比較してみます。両替レートへの上乗せも手数料と考えて、上乗せ率を計算してみます。

↓こんな感じになりました。良い順で並べています。

米ドル外貨宅配サービスの手数料上乗せ率は2〜5%

米ドル外貨宅配の上乗せ率(レート上乗せ%+振/代/送など)
●インターバンク 2%(=0%+振+送500円)
●GPA両替所 2.4%
●ゆうちょ銀行 2.9%
●外貨両替ドルユーロ 3%(=1%+振or代+送400円)
●トラベレックス 4.66%(=2.66%+振+送1000円)
●三井住友銀行 5.3%(=2.9%+送1200円)
※振:振込手数料、送:送料、代:代引き手数料

※ハワイから戻って調べたので、2018年6月7日のデータで比較
※振込手数料と代引手数料は、それぞれ500円で計算

外貨宅配は、インターバンクさんのようにレートが良いサービスもあるのですが、振込手数料と送料がかかってきてしまうので、結局、割高になってしまいました。店舗まで行ったとしても今度は交通費がかかってしまいます。なので、やはり、少額の両替では、あまり得ではないですね。

②日本の空港の銀行や両替屋の上乗せ率は1.4%〜1.6%

関西国際空港の外貨両替店

今回は関西国際空港からハワイへ飛んだので、関空の銀行&両替所データです。

関空での米ドル両替 手数料上乗せ率
●りそな銀行 1.4%
●紀陽銀行 1.4%
●池田泉州銀行 1.5%
●関空直営両替 1.6%
●三菱UFJ銀行 2.4%

↑こう見ると、空港での米ドル両替は、外貨宅配よりはお得なことがわかります。特に関空は、紀陽銀行さんが多くの通貨において好レートです。今回は表示レートで比較していますが、窓口ではレートの割引もしてくれるようでした。

[コツ]必ずその日の基準レートを確認してから外貨両替すべき

為替レートを確認後、外貨両替や海外キャッシングしましょう

「両替所で騙されて損した」みたいな話はよく聞くと思います。なので、両替所で外貨両替するときには、必ずその日の基準レートを確認してから外貨両替するようにしてください。

私は、スマホに外貨レートアプリを入れて、外貨両替前にチェックするようにしています。

米ドル両替の手数料の内訳

ここで、すこし復習です。外貨両替の手数料は、両替する手段によって少し変わります。

銀行や両替所でかかる手数料の内訳

銀行や両替所でかかる手数料
●銀行:レートに上乗せ(+両替手数料)
●両替所:レートに上乗せ+両替手数料

↑銀行では、レートとは別に両替手数料を取るところは少ないです。また、両替所も両替手数料を取るところと取らないところがあります。日本の両替所は取らないところが多いですが、海外の両替所は取るところもチラホラあります。

海外ATMで現地通貨を引き出したときの手数料の内訳

次に、海外ATMで現地通貨を引き出したときの手数料。これは少し複雑です。カードの種類によって手数料が変わります。

海外ATMで現地通貨引出し時の手数料
●キャッシュカード/デビットカード/プリペイドカード:
レートに上乗せカード会社のATM手数料ATM設置者のATM手数料海外事務手数料
●クレジットカード:
レートに上乗せカード会社のATM手数料(ATM設置者のATM手数料)利息

↑これ、クレカの手数料が少ない理由は、クレカでのキャッシングは「利息と、所定のATM手数料以外は取っちゃダメ」という決まりになっているからです。ATM設置者のATM手数料は、クレカの場合は取られないことが多いです。

あと、「カード会社のATM手数料」は、かかるカードと、かからないカードが決まっています。もちろん、かからないカードを選ぶほうが得です。(参考記事:海外ATM手数料が無料のカード、有料のカード一覧 )。

クレジットカード・デビットカード・海外プリペイドカード手数料比較
手数料比較(国際ブランドのレート上乗せを含まない値)

繰り返しになりますが、海外でのATM引き出し(海外キャッシング)に関しては、カードの中ではクレジットカードが一番、総手数料は少ないです。クレカは繰上げ返済で利息をかなり少なくできます。一方、キャッシュカード/デビットカード/プリペイドカードなどは総手数料は多いです。(このへんの比較は、こちらでしています⇒国際キャッシュカード比較表)。

以上、復習でした。

では、↓ここから、また現地調査の結果です。

★クレカならATM手数料は取られず!!

ATM設置者手数料はクレジットカード引き出しのときは請求されない
※このときの基準レートは1ドル=110.9円

2018年5月のハワイ調査では、12回のATM引き出しを、5枚のカードで行いました。すると、ATM画面に表示されたATM設置者手数料は、4枚の全てのクレジットカードで取られていませんでした。(デビットカードでは、しっかり取られていました。涙)

ただし、クレカの場合もATM明細には手数料が記載されているので注意が必要です。つまり、「ATM明細には手数料が記載されているが、カード明細を見てみるとATM設置者手数料が取られていない」という状態です。まぎらわしいので注意してくださいね。

③ハワイ・ホノルル空港では両替所は見当たらず

ホノルル空港(ダニエル・K・イノウエ国際空港)では、残念ながら両替所は見つかりませんでした。今までの経験上、海外の空港の両替所は、レートが良かったためしがないので、まあ、問題ないでしょう。

④ハワイ ホノルル空港のATM

ホノルル空港のATMは到着側にも、4つほど見つけることができました。

ホノルル空港のATM場所の地図
※1つ場所をメモするのを忘れました。ごめんなさい!

その中でも、日本から到着したときに近くて使いやすいのは、国際線到着ゲート(個人)のすぐ近くにある銀行ATMですね。↓これです。(上の写真では一番右の★)

ホノルル空港到着出口すぐのATM

↓360度カメラで撮ってみました。ぐるぐる回して位置を確認してみてください。

Post from RICOH THETA. #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

ただし、このATMはファースト・ハワイアン・バンクのATMなので、日本語対応はナシ。(日本語対応のATMが良いという人は空港外のATMになります。こちらに書いています)

ホノルル空港ATMの引き出し結果⇒クレカなら街のATMと同じ

このATMでは、4枚のカードで引き出してみました。先に結果を言ってしまうと、クレジットカードでのATM引き出しの場合は、空港ATMも街のATMも手数料は同じです。なので、空港でATM引き出ししても、街のATMで引き出ししても変わらない、ということです。

ただし、これはクレジットカードに限ったこと。デビットカード/キャッシュカード/プリペイドカードの場合は話は別。海外ATM設置者手数料が取られるので、↓次で紹介する、街のABCストア内のATMが手数料が安くておすすめです。

ATM引き出し(海外キャッシング)結果の詳しい数字は、下の、街のATMの引き出し結果と一緒に書きます。

ハワイのどのATMがATM設置者手数料が安いのか

ハワイのいろいろなATM

ハワイ・ホノルルで、8台のATMで、ATM設置者手数料・日本語対応・最大引き出し額を調べてみました。

手数料 日本語 最大
ABCストア内セントラル・パシフィック・バンクATM 2.5ドル
街の銀行横 セントラル・パシフィック・バンクATM 3.5ドル
マリオット・リゾート(ホテル)ATM 3.95ドル × 200ドル
シェラトン・プリンセス(ホテル)ATM 4.95ドル 500ドル
空港 到着側 ファースト・ハワイアン・バンクATM 3.5ドル × 500ドル
空港 出発側 ファースト・ハワイアン・バンクATM 3.5ドル × 500ドル
空港 バンク・オブ・ハワイATM 3.5ドル 300ドル
空港 アメリカン・セービング・バンクATM 3.75ドル

ハワイは同じ銀行のATMでも場所が違うと手数料も違うことに注意が必要です。

ハワイの有名ブログ「なくてもハワイさん」の記事によると、ABCストアの内のATMも店舗によって手数料が違うこともあるようです。

クレジットカードでの現地ATM引き出しなら、ATM設置者手数料は無料!!

ただし、↑上の表のような「ATM設置者手数料」は、クレジットカードでATM引き出しすれば、取られないので関係ありません。

なぜなら、クレジットカードでの現地ATM引き出しは、「キャッシング」扱いとなり、キャッシングでは、日本のカード会社が設定したATM手数料と金利以外は取ってはいけないことになっているからです。

ハワイのATMの使い方の注意点

ハワイのATMは反応が遅い

ハワイのATMの注意点
同じ銀行ATMでも場所によって手数料額が違う。(ABCストア内のATMが手数料が安い)
ハワイのATMは、カードを一回差し込んだだけでは反応しないことが多い。一回抜いて、もう一度差し込むと反応する
ハワイのATMはほとんどのATMで、反応が遅い。

ATMの反応が遅いのは、日本のATMに慣れている人からすると「え?故障?」と驚くと思います。体感で5秒くらい待たされて「あれ?操作失敗したかな?」と感じるくらいのタイミングで次の画面に移る感じ。故障だと誤解して、簡単にATMから離れないよう、気をつけてくださいね。

⑤ハワイの街の両替所のレートは上乗せ1.8%〜4.5%

次に、ホノルルの街へ調査場所を移動して、街の両替所のレートを見てみましょう。調べた時刻は、5月22日17時ごろ。基準レートは、1ドル=110.896。行った場所は、「両替所通り」とも呼ばれる、DFS Tギャラリア(免税店)東の通り、「ロイヤル・ハワイアン・アベニュー」。

調べたのは、↓この5つです。

●DFS Tギャラリア内 両替所 113.13円
DFS Tギャラリア免税店内の両替所

●d’R money両替 112.88円
d'R Money exchange両替所

●Pacific両替 113.2円
パシフィック両替所

●Aloha Store両替 113.96円
アロハストア両替所

●ABC両替 115.99円
ABC外貨両替所

最安両替所はDFSではなく、d’R money両替

d'R Money exchange両替所
現地両替所では最安のd’R money両替

基準レートで上乗せ率を計算し、良い順に並べてみると、↓こうなりました。

ホノルルの街の両替所の上乗せレート
●d’R money両替 1.79%
●DFS Tギャラリア内 両替所 2.01%
●ABC両替 4.59%
●Pacific両替 2.08%
●Aloha Store両替 2.76%

↑こう見ると、一番良い「d’R money両替」さんでも日本の空港の銀行(1.4%〜1.6%)より悪いですね。残念。

やはり、昔から言われる「ドル・ユーロなどメジャー通貨の現地での両替は損」というのは、間違いではなかったことがわかりました。

⑥ハワイ ホノルルの街のATMはクレカなら空港のATMと同じ

ホノルルの街には、結構、いたるところにATMがあるので、米ドルを引き出すのに困ることはありません。またgoogleマップでも「ATM」と入れて検索すれば、ATMにたどり着くことができます。

そして、クレジットカードでATM引き出し(=海外キャッシング)をするなら、ATM設置者手数料も取られないことがわかったので、街のATMを使っても、空港のATMを使っても、結果は同じです。

店内にATMがあるABCストア

上に書きましたが、新生銀行などのキャッシュカードや、各銀行のデビットカード、マネパカードなどのプリペイドカードだと、ATM設置者手数料(2.5〜5ドル)が取られます。その場合は、手数料が安いABCストア内のATMの利用がおすすめです。

犯罪に遭いにくいATMの選び方は、人通りの多いところ、明るいところ、できれば銀行の建物の中を選ぶのがコツです。防犯カメラが映りやすい=犯罪者が嫌がるからです。あと、できれば銀行の営業時間内のほうが、ATMの調子が悪くなったときに、すぐに対応してもらえて安心です。

ATMの選び方や注意点をもっと詳しく知りたい人は、↓これらの記事も参考にしてみてください。

ATM4台、カード5枚、12回の引き出しの結果

ハワイATMキャッシング

今回の調査は、4枚のクレジットカードと1枚のデビットカードで20ドルずつ引き出しして行いました。4台のATMで合計12回の引き出しです。

すべての手数料&利息を込みにして上乗せ率を比較。良い順に並べると、↓こんな感じになりました。

ハワイのATMでの引き出し結果
●セディナmaster[繰]④ 0.2%
●セディナmaster[繰]① 0.3%
●セディナmaster[繰]② 0.4%
●楽天カードJCB④ 5.5%
●楽天カードJCB③ 5.6%
●エポスVISA[繰]④ 5.8%
●エポスVISA[繰]① 6%
●エポスVISA[繰]② 6%
●セゾンVISA[繰]④ 6.4%
●楽天カードJCB① 6.6%
●セゾンVISA[繰]② 6.6%
●エポスVISA④ 6.9%
●エポスVISA① 7%
●エポスVISA② 7.1%
●セゾンVISA④ 7.3%
●セゾンVISA② 7.5%
●ソニーバンクウォレット① 19.3%

※[繰]は、繰り上げ返済したという意味。
※エポスとセディナは[繰]ありなし両方を掲載。
※[繰]は全て無料のペイジー返済。
※①〜④はATMの番号。
①空港 ファースト・ハワイアン・バンクATM
②街 セントラル・パシフィックバンクATM
③ホテル マリオット・リゾートATM
④ABCストア内 セントラル・パシフィックバンクATM

結果、出ました!セディナカードで、今回一番良い0.2%です!セディナはスマホでペイジーを使って簡単に無料で繰上返済ができるので、繰上げ返済ずみ。↑この数字は、カード明細にデータが反映されてすぐ繰り上げ返済した、利息4日分を上乗せしたレートです。

0.2%というと、5万円分ATM引き出しをして手数料100円。10万円でも手数料200円ですから、かなりお値打ちですね。

VISA/マスター/JCBの国際ブランド対決はJCBの勝利

今回、楽天カードが比較的、好成績だったのは、VISA/マスター/JCBの国際ブランド対決で、JCBのレートが良かったからです。VISA/マスター/JCBの国際ブランド対決は↓このような結果になりました。

JCB>マスター>VISA

↑この傾向は最近よくある感じですね。(参考記事:VISA、マスター、JCB、どれが為替レートが良いか比較しました(2018年4月))

私はまだ持っていないのですが、セディナカードJCBを持っていれば、今回、もっと良い結果が出せたと思われます。

やはりエポス・セゾンの繰上げ返済はダメ

まず、一般的な、電話による繰り上げ返済は、(国際)電話代&振込手数料が必要になるので、コストがかかるので却下。

手数料無料の繰り上げ返済となると「ペイジー払い」なのですが、ペイジー払いに対応しているのが、今回のセディナ、エポス、セゾンの3つ。

ただし、エポスとセゾンは、その月の支払い額が確定した後にしかペイジー払いが使えないので、上記のようにイマイチな結果となっています。しかも、エポス、セゾン、楽天は、ATM手数料も取りますしね。

(参考記事:私がエポスカードで海外キャッシングをしない理由)

ということで、改めて結果です。

セディナカードでの銀行ATMで、今回、最安の上乗せ0.2%。やはり現地ATM引き出し最強伝説は、ここハワイでも同じでした。

検証結果:米ドルは現地より日本で両替しろ説は古い

よく聞くアドバイスである「米ドルは現地より日本で両替しろ」説ですが、これ、もろくも崩れ去りました。

おそらく、この説って、銀行や両替所だけの比較だけの時代の話だと思うんです。両替所だけで見ると、現地より日本のレートのほうがお得ですもんね。

ただ、今は、便利なクレカとATMがある時代。

セディナカードによる現地ATM引き出しなら、日本の両替えよりトクです。

もう両替所だけの時代じゃありませんからね。我々はATMを使って、しっかり節約していきましょう。

ハワイATMでの外貨両替の長所は、安さ、安全性、深夜OKなこと

ハワイでのATM引き出しの長所/メリットは、安さだけではありません。ATMから出てくるので、お札をごまかされる可能性がないことや、知らずに手数料を取られる可能性がないこともメリット。また、深夜を含めて24時間引き出しOkなのもATMのメリットですね。

ハワイATMでの外貨両替の短所は、金種が選べないこと

一方、短所は、基本的には20ドル紙幣以上しか出てこず、金種が選べないことや、一部のATMでは、日本語対応していないことですね。

まとめ:ハワイ旅行でお得なおすすめ米ドル両替方法はコレ!

全33の両替方法をランキングにしてみます。↓このような結果になりました。

米ドル両替レート比較ランキング
※上乗せ率(%)で比較

1位
ATM セディナmaster④で繰上返済 0.2%


2位
ATM セディナmaster①で繰上返済 0.3%



ATM セディナmaster②で繰上返済 0.4%

4位以下のランキングは↓こうでした。
●関空 りそな銀行 1.4%
●関空 紀陽銀行 1.4%
●関空 池田泉州銀行 1.5%
●関空 関空直営両替 1.6%
●現地 d’R money両替所 1.8%
●宅配 インターバンク 2.0%
●現地 DFS Tギャラリア内 両替所 2.0%
●現地 Pacific両替所 2.1%
●宅配 GPA両替所 2.4%
●関空 三菱UFJ銀行 2.4%
●現地 Aloha Store両替所 2.8%
●宅配 ゆうちょ銀行 2.9%
●宅配 外貨両替ドルユーロ 3.0%
●現地 ABC両替所 4.6%
●宅配 トラベレックス 4.7%
●宅配 三井住友銀行 5.3%
●ATM 楽天カードJCB④ 5.5%
●ATM 楽天カードJCB③ 5.6%
●ATM エポスVISA[繰]④ 5.8%
●ATM エポスVISA[繰]① 6.0%
●ATM エポスVISA[繰]② 6.0%
●ATM セゾンVISA[繰]④ 6.4%
●ATM 楽天カードJCB① 6.6%
●ATM セゾンVISA[繰]② 6.6%
●ATM エポスVISA④ 6.9%
●ATM エポスVISA① 7.0%
●ATM エポスVISA② 7.1%
●ATM セゾンVISA④ 7.3%
●ATM セゾンVISA② 7.5%
●ATM ソニーバンクウォレット① 19.3%

↑ソニーバンクウォレットの惨敗は、20ドルの引き出しに対して3.5ドルの手数料を取られてしまったので、しかたないですね。

で、なんと、1位と最下位と手数料の差は96.5倍でした(笑)。

↓ポイントをまとめておきます。

ハワイおすすめ米ドル両替方法まとめ
●一番おすすめなのは現地ATMでクレカ引き出し
●カードは繰上返済が簡単なセディナが一番お得
●クレカでATM引き出しなら、どこのATMも手数料は同じ
●両替所や銀行で米ドル両替するなら日本のほうがお得
●現地ATM引き出しは繰上返済しないと両替所に負ける
●キャッシュカード/デビットカード/プリペイドカードは良くない

という感じでした。

やはりハワイでも一番お得なのは、セディナカードでのATM引き出し(海外キャッシング)+繰り上げ返済でしたね。

この方法に興味ある方は↓こちらの記事を参考にしてください。

世界17ヶ所で調査。セディナカード海外キャッシング(ATM引出し)のコツ。為替レート/返済/枠増額まで

セディナカード/Jiyu!da!カード繰上返済の手順

以上、米ドル両替比較@ハワイ2018年5月でした!

このサイトが役立つと思われたなら、ぜひシェアをお願いします!!

2 Responses to “ハワイ旅行の米ドル外貨両替はどこがお得?33方法レート比較2018年5月”

  1. mas より:

    10月にハワイにいきます。
    今回は、ワイキキではなくコオリナにいくので両替する方法を探していた所、こちらのサイトをみつけました。早速、セディナカードをつくりました。申請中です。
    今までクレジットカードでキャッシング自体やった事がないのと、上手く繰越返済ができるか、不安です。
    返済時はペイジー出来る金融機関に口座を持っていたら ネットで出来るのでしょうか?
    ネット返済をするのに、金融機関で手続きが必要でしょうか?

  2. のむてつ より:

    masさん、コメントありがとうございます。

    10月にハワイにいきます。今回は、ワイキキではなくコオリナにいくので両替する方法を探していた所、こちらのサイトをみつけました。早速、セディナカードをつくりました。申請中です。今までクレジットカードでキャッシング自体やった事がないのと、上手く繰越返済ができるか、不安です。

    ↑初めてのキャッシングだと不安ですよね。わかります。

    返済時はペイジー出来る金融機関に口座を持っていたら ネットで出来るのでしょうか?

    セディナでPay-easy返済できる金融機関は、セディナ公式サイトの↓ここに一覧になっています。

    https://ca.cedyna.co.jp/member/payeasy/payment_bank.html

    たまにPay-easyが使える金融機関でも、セディナとの連携がダメな銀行などもありますので、上記ページで、ちゃんとチェックしてみてくださいね。

    ネット返済をするのに、金融機関で手続きが必要でしょうか?

    ↑これは必要ないです。ネットバンキングができるようになっていれば、その他は特に手続きは必要ありません。

    ご質問の回答は、以上です。

    あと、最近、ハワイのATMでの海外キャッシングの様子を動画でアップしました。

    ↓この2つです。

    https://youtu.be/c7ebwfZ9TZw

    https://youtu.be/5SwTP4IE1Tg

    動画を見て、雰囲気をつかんでみてください。そんなに難しくないですよ。がんばってみてくださいね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ [?]のむてつに質問する