ジャックス横浜カードは、海外キャッシングは良くない、という結論

長くの間、このサイトで海外キャッシング時のオススメとして、紹介してきた「ジャックス横浜カード」ですが、スペックとしては良いのですが、実際の使い心地がよくないということがわかってきまして、オススメから外すことにしました。

結局、一番の理由は、

「レートが決まるのが遅く、数週間かかることもあるくらいなので、その間、繰上返済ができないから」

ということです。

海外キャッシングのときのレートというのは、普通、現地ATMで外貨を引き出した日の翌日や翌々日などに決まったりするのですが、このジャックス横浜カードなどのように提携カードだと、このように遅くなったりします。

以前にも、当サイトに、↓このようなコメントをくださっていた方もいましたが、

私は、これは、海外キャッシングをした地域、国、銀行、などによって変動する可能性があるので、「たまたま遅かっただけではないか」と考えていました。

しかし、私自身も、海外で使ってみたときに、レート決定までに一ヶ月弱ほどかかり、「遅いな」と感じた経験をしたんです。でも、それでも、まだ、「たまたま遅れただけかも」という考えは捨て去れなかったんです。

しかし。

最近、他の読者さんが教えてくれたことには、ジャックスのカスタマーサービスで質問すると、「海外キャッシング時のレートの決定には数週間かかることがあります」というふうに答えているみたいなんです。

で、私も実際に電話してみたところ、「数週間」と言われました。

これはもう決定的です。ジャックス自身が、「レート決定が遅いこと」を認めているわけですから。

ということなので、ジャックスカードは、海外キャッシングで使うカードとしては、オススメから外すことにしました。

今までオススメにしてきたのに、変わってしまって、申し訳ないです。

最新のおすすめカードは、こちらで見てくださいね。

このサイトが役立つと思われたなら、ぜひシェアをお願いします!!

19 Responses to “ジャックス横浜カードは、海外キャッシングは良くない、という結論”

  1. めい より:

    はじめまして。

    以前より、こちらのサイトで勉強させていただき、海外キャッシング用カードや自動付帯保険用のクレジットカードを発行してきました、大変お世話になっております。

    こちらを知ってから、現地の現金はいつもセディナカードでキャッシングしています。
    ところが、今年の9月20日の深夜、ソウル東大門のATMでセディナカードが急に使えない事態が起き(同じATMで春にも普通にキャッシングしており)、いくつか他のATMでも試しましたが全くダメでした。
    日本円の手持ちが全くないため両替もできず、現金のみ使える先での予定が全てダメになると気が遠くなりましたが、保険用に持参していた横浜インビテーションカードで何とか現金を入手しました。横浜インビテーションカードはVISAですし、返済も手数料も大変だとは思いましたが、今回は何も考えないことにして22日に帰国しました。
    帰国後、横浜インビテーションカードでキャッシングをしたことがなかったので、返済の仕方などを確認するため22日のうちに問い合わせた際、当然利用データは届いておらず、1か月以上かかることがあると言われました。
    そして、翌23日にサイトをブックマークしておこうとログインしてみたところ、すでに利用額が出ていました。利用時から3日経っていないのでセディナカードよりも早いくらいです。
    返済のためにコールセンターに再度電話した際、反映には1か月程度かかると言われたのに早かったですねと言ってみたところ、そのオペレーター曰く、海外でのクレジットカード利用の反映には時間がかかるが、キャッシングはそれほどかからない、とのことでした。

    そうか私の勘違いだったのか、よかった、と思ってその時は終わったのですが、今回こちらを拝見して、やはりジャックスカード系は返済に時間がかかると書かれていたので、念のためご報告してみた次第です。更新日が古いので、既に周知のことでしたらすみません。
    当日のレートはよく分かっていませんが、400000ウォン引き出して、返済額は36513円、利用額は36442円で、利息71円です。(振込手数料はなし)

  2. のむてつ より:

    めいさん、貴重な情報、ありがとうございます!!横浜カードで、そんなに早い反映だったんですね。これ、おそらくですが、国際ブランドの違いも関係していると思います。私の横浜カードはJCBなんですよ。で、海外キャッシングの反映でも遅いです(涙)。ちなみに、他のカードでの調査ですが、JCB/Master/VISAの中で、VISAは一番反映が早いです。

    あと、私、別のジャックスカードならどうか、と思い、1週間ほどまえに上海のATMでREXカード(Master)で海外キャッシングしたのですが、6日経った今でも、やはり反映されていません。

    ジャックスはJCBとMasterは遅く、VISAだけは早いのかもしれません。でも、私、ジャックスのVISAって持っていないので試せないのです。作ってみようかなぁ。。。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~
    追記

    結局、REXカード(Master)での海外キャッシングのデータ反映は、ATM引き出しから10日後でした。やっぱり遅いですね。。。

  3. めい より:

    のむてつ様

    お返事いただいていながら、遅くなりました!

    ありがとうございます。
    そうなのですね。
    私はレートの違いを知るまで、何でもVISAばかり発行していたのです。
    今回はそのブランドのお陰で反映は早かったようですが、そもそものレートが悪ければあまり意味ないですよね。
    信じきっていたセディナMasterだけでは不安なので(念のため再発行はしました)、インビテーションカードをREXカードに変えてMasterにしようかと思ったのですが、これはそのまま保険用に持っておいて、キャッシング用にはアコムACカードを作った方がよいでしょうか?

    私は一人旅を頻繁にするため、保険用のカードを複数持っていますが、十分ではないためもっと充実させたいと思ってますし、キャッシング用も複数持とうと思ったところです。
    行き先は、韓国、タイ、イギリス、ハワイが多いです。

  4. のむてつ より:

    めいさん、ご返信ありがとうございます!↓下にコメントをはさむ形で回答しますね。

    お返事いただいていながら、遅くなりました!ありがとうございます。そうなのですね。私はレートの違いを知るまで、何でもVISAばかり発行していたのです。今回はそのブランドのお陰で反映は早かったようですが、そもそものレートが悪ければあまり意味ないですよね。

    ↑VISAは、基本的にレートが悪いのですが、最近は、VISAとMaster、JCBの差は、以前ほど大きくないので、VISAが完全にダメというわけでもないです。

    また、レートは通貨ごとにも違うんですよ。2019年4月の30日間の平均データ(レートへの上乗せ率=少ないほうがお得)を見ると、↓こんな感じです。

    ●米ドル 
    マスター0.13%、VISA 0.16%、JCB 0.11%
    ●英ポンド
    マスター0.45%、VISA 0.38%、JCB 0.19%
    ●タイバーツ
    マスター0.12%、VISA 0.45%、JCB 0.42%
    ●韓国ウォン
    マスター0.39%、 VISA0.54%、JCB データ無

    ↑これを見ると、タイバーツではマスターカードが欲しいところですが、あとは、そこまで大きな差ではないですよね。マスターのほうが得なことが多いのは事実ですが、わざわざカードを作り直すまではないかな、とも思います。

    信じきっていたセディナMasterだけでは不安なので(念のため再発行はしました)、インビテーションカードをREXカードに変えてMasterにしようかと思ったのですが、これはそのまま保険用に持っておいて、キャッシング用にはアコムACカードを作った方がよいでしょうか?

    ↑セディナの再発行は正解だと思いますよ。セディナとアコムは、代わりになるカードがないので。

    で、ご質問の横浜インビテーションカードですが、年会費無料ですし、保険用に持っておいていいと思います。

    アコムACマスターカードはおすすめです。即時返済できるのが本当に便利。返済し忘れがなくなります。あと、韓国以外でならレートも良いですしね。(韓国では、なぜかセディナのレートのほうが良いです)

    私自身も、海外キャッシングのためのアコムとセディナの2枚装備は、今後、しばらく変更がない(変更しようがない)感じですよ。

  5. めい より:

    のむてつ様

    丁寧に教えていただき、ありがとうございます!
    アコムACMasterは早速発行してみます。
    セディナは、使えなかったのは機械のせいでカードには問題ないと再発行を断られましたが、何とか特別に?発行してもらえたのです。
    タイではセディナMasterで引き出したのでよかったです。確かにVISAはそれほど大きな差はないのですね。

    色々伺ってしまって申し訳ないのですが、また教えていただけますでしょうか。

    ・レートというのは、クレジットカードのキャッシングも、ショッピングでカードを使う場合も、同じ国では等しいのでしょうか?

    ・もしも韓国(短期滞在)で再びセディナが使えなかった時、アコムACと横浜インビテーションVISA、どちらを使うべきと思われますか?

    ・Masterばかり考えていたら、整理しているうちにJCBが1枚もなくなってしまいました。
    ドルやポンドはレートがよいようですし、メリットもあるので持っておきたいのですが、どのJCBカードを持つべきですか?

    私は40才を過ぎていて、保険用にはエポスゴールドVISA、JALCLUB-A VISA、横浜インビテーションVISA(保険だけ用はこれのみ)、楽天Masterを持っています。
    他はセディナMasterと、ヤフーMaster、dカードVISA、銀行キャッシュカードAMEX(わずかについてますが)と、保険のないものです。

    JCBで保険も追加したいのですが、JALカードがステータスの関係とツアーとショッピングプレミアムもつけているため、本音はこれ以上有料カードは持ちたくないのですが、意味があるなら考えたいと思ってます。

    長くなってしまいましたが、よろしくお願いいたします。

  6. めい より:

    すみません、追記です…

    エポスゴールドは年会費なしです。
    JALカードは年会費16500円で有料カードはこれだけです。
    楽天、dカード、ヤフーはネットショッピングとPay用ですが、Payの乱立で本来メインカードのはずのJALカードの日常の利用額が半減しています。

    JCBエイトもWも入れないですし、JCB Rかミライノカードしかないかなあと思ったりしていますが。

  7. のむてつ より:

    めいさん、追加質問、ぜんぜんかまいませんよ。

    ・レートというのは、クレジットカードのキャッシングも、ショッピングでカードを使う場合も、同じ国では等しいのでしょうか?

    ↑はい。同じ通貨なら同じレートです。ただし、ショッピング利用の場合は、約2%ほどの海外ショッピング手数料が上乗せされます。(海外ショッピング手数料については、こちらの記事でまとめています)

    ・もしも韓国(短期滞在)で再びセディナが使えなかった時、アコムACと横浜インビテーションVISA、どちらを使うべきと思われますか?

    ↑アコムACですね。横浜カードは、繰上げ返済に電話&振り込みが必要なので、手間もコストもかかり、私は調査以外では海外で使おうとは思えません。

    ・Masterばかり考えていたら、整理しているうちにJCBが1枚もなくなってしまいました。ドルやポンドはレートがよいようですし、メリットもあるので持っておきたいのですが、どのJCBカードを持つべきですか?

    ↑ハワイに行くならJCBは、レート以外でも何かと便利ですよね。

    JCBを選ぶときですが、JCBカード発行のカードである必要は全くありません。他のカード会社が発行しているJCBマーク付きカードも、レートはJCBレートになりますから。

    私は、やっぱりセディナが便利なので、予備という意味も兼ねて、セディナJiyu!da!をMasterとJCBの両方持っています。年会費無料ですし、海外ショッピングならポイント3倍(還元率1.5%)ですしね。

    あと、カード選びは、保険付帯カードと、海外キャッシング用カードは、分けたほうがいいです。両方でお得なカードって、ないので。

    保険の面のおすすめカードですが、今、お持ちのカードを、付帯保険の治療費用限度額で見ると、↓こうですよね。

    ●エポスゴールドVISA 300万円
    ●JAL CLUB-A VISA 150万円
    ●横浜カードVISA  200万円
    ●楽天カードMaster 200万円
    合計 850万円

    ↑ここに保険用として足すなら、前回ご相談に出ていた、REXカードは良い選択だと思いますよ。もちろん年会費を払ってミライノカード、というのも良いと思います。

    引受保険会社が三井住友海上のカードが多いのを気にされるかもしれませんが、短期のご旅行が多いなら、保険会社を散らすことも、そんなに必要じゃないと思います。

  8. めい より:

    のむてつ様 

    早速に本当にありがとうございます!
    色々すみませんです…

    ・レートの件理解しました。その記事読んでました。
    あらゆる国で20年以上もVISAカードで全てのショッピングをしていたことが悔やまれます…
    その間、お得な気分で国際キャッシュカードで無駄な現金引き出しもがんがんしてました…😢

    ・韓国もアコムACですね。申し込みましたが到着まで10日ほどのようなので、来週のソウルはセディナでいきます!

    ・カードは、おっしゃる通りキャッシング用はセディナとアコムACがあるので、あとは保険と純粋なショッピング他メリットで考えようと思います。
    私は現金しか使えない場所に行くために現金を引き出しますが、本当は安全+効率的に海外ショッピングに何かカードを決めたく(MasterとJCBそれぞれ)、いっそのことJALVISAをJCBに変えてもよいかと思い始めました。VISAで持っているメリットは長期の実績以外なさそうで…
    のむてつ様のお陰で、キャッシングはクリアになりましたが、保険はあと少しにせよ会社など考えてもいなかったですし、カード自体何をどのブランドにしてメインがどれかも分からなくなってきたので、整理しなおそうと思います…

  9. のむてつ より:

    めいさん、返信ありがとうございます!JALVISAをJCBに替えるのは、今後、行く地域をよく考えて決めたほうがいいと思いますよ。JCBは、ハワイや韓国では、使える店が多いかもしれませんが、基本的には、海外では使えない店は多いです。ATMなら結構使えるんですけどね。カード払いできるお店の数に関しては、やはりVISAが一番多いですよ。

  10. archie より:

    質問者様とのやりとり拝見致しました。「REXカード(Master)での海外キャッシングのデータ反映10日」「やはりVISAが一番多いですよ」

    VisaとMasterの米国サイト(Currency Exchange Calculator/Currency Converter)でアジア、北米、欧米の主要都市の為替レートを確認してみましたが Masterのレートの方が8割強割安でした。データ反映の速さや利用可能な場所の多さ等を含めると、REXカードはVisaを選んだ方が良いのでしょうか?

    たしかどこかのページにエポスカード(VISA)を保有している場合、REXカードはマスターをおすすめされていた記憶があります。海外在住・旅行となるとよくVISAは2枚以上、マスターあれば〇等と言います。

    90年代に米国に住んでいたころは、為替レート等の仕組みも良く知らず、三井住友銀行インターナショナル銀行カードと三井住友VisaやMaster、シティバングVisaとインターナショナル銀行カードを利用しておりました。

    現在保有カード
    1.エポスゴールド(Visa)
    2.リクルートカード(Master)
    ―メイン、REXカードをMasterで発行の場合、Visaに変更も検討
    3.REXカード(Master or Visa) (検討中)
    ―(利用分キャッシュバックが可能なので)リクルートカードからメインに変更を検討
    4.ACマスター(検討中)
    ―セディナ(Master解約)の替わりとして発行申込を検討

    他銀行デビット
    SMBC(Visa)
    Sony Bank(Visa)
    SBI(Master)

    よろしくお願い申し上げます。

  11. archie より:

    以下のサイトでREXカードはMasterをおすすめしていたりしますが、ApplePayや為替レート以外ではどうなのでしょう。https://matsunosuke.jp/rex-card-mastercard/

    海外のレビューやブログ記事では、VISAを紹介している方が圧倒的に多いようにみられます。

    他、年会費有料カードでも、使い勝手が良い(複数持たなくても良い、キャッシュバックあり)等ございましたら、よろしくお願い申し上げます。

  12. のむてつ より:

    archieさん、コメントありがとうございます。

    まず「REXカードはVisaかMasterどちらが良いのか?」に関しては、

    キャッシング主体で使うなら、レート反映が早い(はず)のVISAが良いです。ただ、そもそもREXカードのキャッシングは繰上返済に電話&振り込みが必要なので、セディナやアコムと比較して損になります。REXカードでのキャッシングはあまりおすすめではないです。

    一方、カード払い主体で使うなら、レートの差だけで考えていいと思いますよ。archieさんがご自分で調べて、行く予定の地域で「Masterのレートの方が8割強(の都市で)割安」だったなら、Masterでいいと思います。その判断方法でOKです。

    「VISAのほうが使える店が多い」という話は、かなりマイナーな地域に行く予定があるとき以外は気にしなくていいと思います。

    でも、archieさんが、そもそも、REXカードを「ポイントのキャッシュバックがある」ことで選ばれたのなら、カード払い主体で考えられているということですよね。(キャッシングにはポイントは付かないので)

    カード払いで一番お得なカードは、指定10通貨ならソニーバンクウォレットで、REXカードよりも1%くらいお得になります。

    海外でのカード払いの全手数料は、↓この計算式で計算できるんですが、

    海外でカード払いのお得さの計算式
      ①VISA/Masterなどのレート上乗せ【0.1〜0.6%】
    + ②海外ショッピング手数料【0〜5%】
    ー ③ポイント還元率【0〜1%】
    ーーーーーーーーーーーーーー
    = 実質手数料率(少ないほうがお得)

    当てはめてみると、↓こうなります。(※①は通貨によって変わります。)

    ●REXカード

      ①VISA/Masterのレート上乗せ【0.1〜0.6%】
    + ②海外ショッピング手数料【2.2%】
    ー ③ポイント還元率【1.25%】
    ーーーーーーーーーーーーーー
    =【1.05%〜1.55%】の総手数料

    ●ソニーバンクウォレット

      ①ソニー銀行レート上乗せ【0.1〜0.4%】
    + ②海外ショッピング手数料【0%】
    ー ③ポイント還元率【0%】
    ーーーーーーーーーーーーーー
    =【0.1〜0.4%】の総手数料

    ↑このように、REXカードはポイント還元率は良いのですが、海外利用の場合は、ポイント以上の手数料を取られるので、ソニーバンクウォレットに勝てないんですよね。

    なので、結論としては、「REXカードでカード払いするのは、ソニーバンクウォレットの指定10通貨以外のときだけ」にしておいたほうが良いです。

    でも、REXカードを作らないほうがいい、という意味ではないですよ。作ったほうがいいです。REXカードは付帯保険も良いからです。持つだけでも意味はあります。ただ、REXカードでカード払いする場所(国)は考えたほうがいい、ということですね。

    あと、もう一点だけ。アコムを作ったとしても、すでにお持ちのセディナMasterの解約はせずに予備として持っておいたほうがいいですよ。キャッシングでも予備カードは必須です。非常にまれにですが、なぜかATMで、そのカードだけが使えないという事態はありえますので。

    なので、結局、最低でも

    ●カード払い用に2枚
    ●キャッシング用に2枚

    くらいのカードは持っておくべきだと思います。

  13. archie より:

    のむてつさん
    ご返信頂き、有難う御座います。
    色々勉強していて遅くなりました。

    5年程、ネットのクレカおすすめ情報から年会費無料で高還元率カードを作成。内容改悪やポイントを指定された経済圏で使う事により高還元が実施できる(ポイントで商品を買う)という制限に嫌気がさすと同時に不利益になる場合が多い(商品が割高、送料無料にするための無駄なまとめ買い等)という結論に至り、楽天、ヤフーやイオンゴールド等解約。リクルートカードもナナコチャージ対象外となり、コールセンターの対応に懸念があるので解約を予定。私の場合、管理面や不正利用等を考えると、2~3枚が理想的、最大4~5枚が良い気が。高還元や手数料無料でもコールセンターの対応に問題のある発行会社のカードは、良くなる事はないので避けたところ。

    さて、海外カード支払い、海外キャッシングの件。先進国で現金のニーズは限定的かもしれません。個人的な短期滞在やであれば10万程の枠があれば良いのかと思いますし、長期滞在や仕事等、現地の銀行口座を開設できるまでかと思います。しかし、公共交通機関やチップ等の一部、現金が必要になると思います。
    海外でカード払い、海外キャッシング、年会費無料、自動付帯海外保険と無駄にカード枚数を増やさない事、長く利用できるクレジットやデビットカードを検討しています。「お得さの計算式」、わかりやすいです。有難う御座います。

    海外でショッピングカード払い
    1.Sony Bank WALLET VISA(一番お得)(現在保有)
    事前に外貨預金=ソニー銀行レート上乗せ【0.1〜0.4%】、外貨口座の残高はゼロのまま「円からアシスト」=手数料為替コスト+ソニー銀行為替コスト(TTS)。使い切れない・余分な外貨を残したくない場合は、「円からアシスト」機能を使う。
    質問:事前に外貨預金の場合、TTSが良ければお得、旅行中にレートが変わればデメリット?

    2.REXカードVISA/MASTER(2番目にお得)(メインカードとして新規申込予定) 手数料2.2%+上乗せ【0.1〜0.6%】
    (ポイントがショッピングに充当可)

    3.Booking.comカードVISA(3番目にお得)(サブカードとして新規申込予定)手数料2.2%+上乗せ【0.1〜0.6%】

    4.エポスゴールドVISA(3番目にお得)(現在保有)
    手数料1.63%+上乗せ【0.1〜0.6%】

    海外キャッシング
    1.ACマスターカード(一番お得)(新規申込予定)
    2.セディナマスター(2番目にお得)(実は残念ながら使えない等の記事もあり19年12月に解約、ACマスターが否決だった場合、ACマスターカードが否決の場合、再申込となるかも)
    質問:セディナカードJiyu!da!とセディナカードは違いやおすすめはあるのですか?
    質問:アコムACマスターカードのみ即時反映、従って、セディナカードはレート確定が早いVISAがおすすめ? やはり7割は未だにマスターのレートが良い。「Mastercard為替レートがVISAやJCBより良い時代は終了(2019年4月調査)」も読みました。

    2.Sony Bank WALLET
    質問: 外貨普通預金口座に米ドルあり、米国のATMで米ドルを引き出す場合でも、クレジットカードの海外キャッシングと異なる為、事務処理経費: 1.79%がかかるとなると、円アシスト利用との違いは、VISA為替手数料率とソニー銀行為替コスト(TTS)の比較という事でしょうか。
    質問:次のエポスと比べるとどちらが良いのでしょうか?

    3.エポスゴールドVISA(現在キャッシング枠10万設定、リボ変更で繰上げ返済?)(VISA為替手数料率%+利息18%+ATM220円)

    最後に、同じMaster/Visaでも使えない場合があるので、2枚以上は同じブランドカードの保有を書かれる方もおります。片方に偏る、例えば、海外キャッシングのACやcedynaはMaster、ショッピングカード用のREX, SONY, Booking, Epos はVISAをと考えるより、可能な限り混ぜる(cedynaはVISA、REXはMaster)の方が良いのでしょうか?

    色々伺ってしまい、すみません。

  14. archie より:

    特定の国が御座いませんので、欧米以外、Masterが使えない事態の懸念から、visaに片寄る傾向にあります。横浜インビテーションはMasterのみに変更されているので、加入店が増えているかもしれません。

  15. のむてつ より:

    archieさん、ご返信ありがとうございます。

    たしかに、高還元率や手数料無料でも使いづらいカードってありますよね(苦笑)。

    で、ご質問の件、回答していきますね。

    海外でショッピングカード払い
    1.Sony Bank WALLET VISA(一番お得)(現在保有)
    事前に外貨預金=ソニー銀行レート上乗せ【0.1〜0.4%】、外貨口座の残高はゼロのまま「円からアシスト」=手数料為替コスト+ソニー銀行為替コスト(TTS)。使い切れない・余分な外貨を残したくない場合は、「円からアシスト」機能を使う。
    質問:事前に外貨預金の場合、TTSが良ければお得、旅行中にレートが変わればデメリット?

    ↑使い方は、そのとおりで問題ないです。ご質問の部分も、そのとおりです。円高のときに両替しておけばお得に使えるはずですが、旅行中にさらに円高になってしまったら、損になります。

    海外キャッシング
    質問:セディナカードJiyu!da!とセディナカードは違いやおすすめはあるのですか?

    ↑セディナJiyu!da!は、その名のとおり「自由な」支払いができるカードなのですが、初期設定では、リボ払いになっているので、それを一括支払いに変更が必要です。一旦、変更してしまえば、普通のクレジットカードと同じように使えます。

    で、セディナJiyu!da!のメリットは、ポイントが多くもらえることです。「海外でのカード払いはポイント3倍」、「国内もイオンやセブンイレブンでポイント3倍」というメリットがあります。ただ、このポイントは、キャッシング時は、もらえないので、キャッシングだけを考えた場合は、メリットにはなりません。

    海外キャッシング
    質問:アコムACマスターカードのみ即時反映、従って、セディナカードはレート確定が早いVISAがおすすめ?

    ↑アコムはマスターでも、普通のマスターよりレートが良いので一番おすすめです。これは変わりません。で、次に、セディナなんですが、VISA、マスター、JCBのどれが良いか、は難しいんです。

    ●VISA:レート確定が早い(=利息が少なくて済む)が、レートが悪い
    ●Master:今までレートが良いことが多かったが、最近はVISAとの差が減少
    ●JCB:最近、一番レートが良いことが多い。でも良さに波がある

    ↑こんな感じです。ただ、まあ、ここは、そこまでこだわりすぎなくていいと思いますよ。差も0.2%とか0.3%とかですし、同時にATM引出しをしても、適用レートが1日ズレたりすることもあるので、「必ずこれがお得!」というのは言えませんから。

    海外キャッシング
    2.Sony Bank WALLET
    質問: 外貨普通預金口座に米ドルあり、米国のATMで米ドルを引き出す場合でも、クレジットカードの海外キャッシングと異なる為、事務処理経費: 1.79%がかかるとなると、円アシスト利用との違いは、VISA為替手数料率とソニー銀行為替コスト(TTS)の比較という事でしょうか。

    ↑ソニー銀行に米ドル預金口座を開いている場合なら、
    ↓こういう違いになるだけです。

    ●残高がある場合
    ・事務処理経費: 1.79%/ 回(税込み)
    ・現地ATM設置機関利用手数料

    ●残高が無い場合(=円からアシスト利用)
    ・事務処理経費: 1.79%/ 回(税込み)
    ・現地ATM設置機関利用手数料
    ・ソニー銀行為替コスト(TTS)

    「VISA為替手数料率」は、その通貨を、ソニー銀行に口座解説していない場合だけ適用です。

    2.Sony Bank WALLET
    質問:次のエポスと比べるとどちらが良いのでしょうか?
    3.エポスゴールドVISA(現在キャッシング枠10万設定、リボ変更で繰上げ返済?)(VISA為替手数料率%+利息18%+ATM220円)

    ↑良いのはエポスですね。↓このように、ソニーのキャッシングは、まるまる1.79%だけ損です。

    ●Sony Bank WALLETの海外キャシング手数料
    ・デビットカードなので、国やATMによって「現地ATM設置機関利用手数料」が、1回の引出しごとに取られる。例えばアメリカだと3〜5ドルくらい。
    ・ATM手数料220円/回 (1万円以上の引出しのとき)
    ・事務処理経費: 1.79%/ 回(税込み)

    ●エポスカードの海外キャッシング手数料
    ・利息18%は、リボ変更&繰上返済で、ほぼ無料にできる。
    ・ATM手数料220円/回 (1万円以上の引出しのとき)

    最後に、同じMaster/Visaでも使えない場合があるので、2枚以上は同じブランドカードの保有を書かれる方もおります。片方に偏る、例えば、海外キャッシングのACやcedynaはMaster、ショッピングカード用のREX, SONY, Booking, Epos はVISAをと考えるより、可能な限り混ぜる(cedynaはVISA、REXはMaster)の方が良いのでしょうか?

    ↑セディナは、安全策を取るならVISA、お得さを取るならMaster。アコムACが使えなかったときのためだけに持つならVISAがいいと思います。

    REXカードは、偏りをなくす目的でも、レートの面でも、Masterのほうが良さそうですね。

  16. archie より:

    以前に質問させて頂きました。
    外貨両替、海外でのカード払い、海外旅行保険付帯カードを拝見し、カードを整理しました。
    1.REXカード(Master)(キャッシング枠なし)(メイン)
    2.エポスゴールドカード(Visa) (キャッシング枠10万)(サブ)
    3.Booking.comカード(Visa)(サブ)
    4.三井住友カード(Visa) (念の為、年会費無料期間中に発行)
    5.三井住友カード(Master) (念の為、年会費無料期間中に発行)
    (3,4,5の内1枚でキャッシング枠申込検討中)

    6.SBIデビット、ソニーデビット保有
    7.アコムACではなく、セディナ又はセディナJiyu!da!のMaster申込検討中。

    以下、ご存じでしたら教えて下さい。

    質問1:エポスの最速繰り上げ返済は、三井住友カード及びBooking.comカード等提携カードでも、ウェブで繰り上げ返済ができるのでしょうか? 可能な場合、どちらを優先した方が良いと思われますか?
    お振込みによる臨時のお支払:https://www.smbc-card.com/mem/revo/revohensai.jsp#anc_02

    質問2:三井住友VISAカードは金額確定が早いとは、三井住友VISAと提携カードのVISAを指していますか? 三井住友カードMasterや三井住友提携カードのMasterはいかがでしょうか? 

    質問3:最近のセキュリティ事情は分かりませんが、ノムテツさんは、セディナカードJiyu!da!(Master)、アコムAC、ソニーデビットに限定して海外でお使いですか? 

    Jiyu!da!は外貨両替と海外のカード払い(ポイント交換条件有、キャッシュバック=1.2~1.3%、ナナコ=1.5%)が可能。ソニーデビット(VISAタッチ決済付)は手数料が利点ですが、口座保有金額により不正利用回避策設定要(一時利用停止等)。

    私の場合、クレジットカードの不正利用は国内で2回。過去米国に住んでいた時は被害なし。その際は、現地銀行と日本で発行の国際キャッシュカード(CITIやSMBC)を利用。現在保有のデビット一体型キャッシュカードは常時「利用停止」設定。

    カードを増やすとリスクも増え、微妙なところです。セディナMaster申込の場合、三井住友のコンタクトレス決済に制限がかけられないVISAかMasterのいずれを解約し、キャッシング枠も申し込まない。あるいはセディナ又はセディナカードJiyu!da!(Master)申込を辞める等を検討しており、再度お伺いさせて頂きました。宜しければ、アドバイス頂けると幸いです。

  17. のむてつ より:

    archieさん、コメントありがとうございます!今回のご質問の件、↓下に回答していきますね。

    質問1:エポスの最速繰り上げ返済は、三井住友カード及びBooking.comカード等提携カードでも、ウェブで繰り上げ返済ができるのでしょうか? 可能な場合、どちらを優先した方が良いと思われますか?
    お振込みによる臨時のお支払:https://www.smbc-card.com/mem/revo/revohensai.jsp#anc_02

    ↑三井住友カード系(=会員サイトがvpassのもの)は、ウェブだけで繰り上げ返済はできません。書いてくださっていたURLの説明も、①毎月の銀行引き落とし時の増額、②振り込みでの繰り上げ返済、③ATM入金での繰り上げ返済、という3つだけで、②③は、その日までの利息を確認するために電話が必要なので、ウェブだけでは返済は完結しません。

    結局、ペイジー払いで繰り上げ返済ができるカードじゃないとダメなんです。それができるのが、アコム、セディナ、エポス、セゾンの4つだけなんです。

    質問2:三井住友VISAカードは金額確定が早いとは、三井住友VISAと提携カードのVISAを指していますか? 三井住友カードMasterや三井住友提携カードのMasterはいかがでしょうか? 

    ↑海外利用の金額確定の速さは、カード会社ごとではなく、国際ブランドごとに違います。なので、三井住友VISAカードが金額確定が早い、というよりも、VISAが金額確定が早い、とお考えください。Masterは、VISAより遅いです。

    質問3:最近のセキュリティ事情は分かりませんが、ノムテツさんは、セディナカードJiyu!da!(Master)、アコムAC、ソニーデビットに限定して海外でお使いですか? 

    ↑そんなことないですよ。カード払いでは、アメックスも使います。海外キャッシングでは、調査も兼ねてですが、毎回、エポスとセディナJiyu!da!JCBも使っています。最近はJCBのレートが一番良いことがちょくちょくあるんですよね。

    カードを増やすとリスクも増え、微妙なところです。

    ↑これは、ほんと、そういう部分はありますよね。archieさんのような「使わない機能は停止しておく」という対応は、素晴らしいと思います!

  18. archie より:

    ノムテツさん、

    いつもありがとうございます。
    ペイジー払いで繰り上げ返済が出来ないとウェブで手続不可、カード発行会社ではなく、VISAの場合、確定が早いという事ですね。

    カードや機能の追加によりお得に、万が一の備えが可能になる一方で、問題発生時の対応が確実なカード会社かですね。不慣れな担当者にあたった場合は厄介です。

    米100ドル程度であれば、エポス(3日で返済)とSBIデビット(マスター)利用時の引出手数料はさほど変わらず。米500ドル以上は、無事に繰り上げ返済が完了すれば、エポス、セディナ、アコムがお得ですね。

    外貨両替でおっしゃっていた「セディナなんですが、VISA、マスター、JCBのどれが良いか、は難しいんです。マスターはVISAとの差が減少」、カード払いの換算のタイミング(買い物したときのレートではなく、データが届いた日のレートが適用)から、VISAを利用する方が多いのも理解できます。

    カード払いはソニーウォレット、ポイント交換(キャッシュバック)条件が容易なBooking.comやREXカードを利用したいと思います。外貨両替はエポスやセディナ。

    90年代米国在住の際、三井住友グループやCITIグループへ支払っていた外貨両替、海外でのカード払い手数料を考えるとぞっとします。その分、今より随分と物価は安かったですが。

    長々質問をさせて頂き、仕組みが良く理解できました。
    感謝してます。

  19. のむてつ より:

    archieさん、理解の助けになったようで、よかったです!!

    あと、一点だけ、

    米100ドル程度であれば、エポス(3日で返済)とSBIデビット(マスター)利用時の引出手数料はさほど変わらず。米500ドル以上は、無事に繰り上げ返済が完了すれば、エポス、セディナ、アコムがお得ですね。

    ↑この部分ですが、アメリカ(米ドル)に関して言うと、「ATMオーナー手数料」を取るATMが多くありませんか。「ATMオーナー手数料」は、クレジットカードなら請求されませんが、デビットカードだと請求されてしまいます。なので、米100ドル程度のATM引き出しで、エポスとSBIデビットを比較すると、クレカであるエポスの圧勝になると思いますよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ [?]のむてつに質問する