海外ショッピング/カード払い/海外通販で手数料が格安のおすすめカードはどれか?

海外通販で手数料が格安なおすすめカード

質問をいただきました。

海外取引手数料が1.6%のカードを持っています。ドイツの通販会社で、100ユーロの買い物をする場合、「1ユーロ=120円」とすると、100ユーロ×120円×1.6%=192円の手数料がかかるのは理解できます。

では、海外通販でカード払いする場合、このサイトでおすすめしている「セディナカードのATM引き出し」よりも、少ない手数料で買い物できるカードはございますか?海外通販を利用する国は、アメリカ、中国、台湾、ドイツ、イギリス、フランス、イタリアです。

ご質問、ありがとうございます!なるほど、つまり、「海外ATM引き出しよりも、お得に海外ショッピングできるカードはないか?」という質問ですね。

まず比較の前提となる、セディナカードのATM引き出しの手数料を復習しましょう。

セディナカードのATM引き出しの手数料

セディナカードの海外ATM引き出し(=海外キャッシング)の手数料(=利息)は、3日後に繰り上げ返済したとすると、↓こうなります。

一日の利息が、0.049% =年18%÷365日
三日間の利息は、0.15% =0.049%×3日

ここにプラス、マスターカードのレートの上乗せが、最近4ヶ月間(2016年12月〜2017年3月)の米ドル・ユーロ・英ポンドで見ると、3通貨とも約0.2%でした。なので、合計0.35%の上乗せとなります。

さあ、↑このセディナカード(マスター)の合計手数料「0.35%」より安い方法は、あるのか、ないのか?という問題ですね。

「現金離れ」がどんどん進んでいる現在では、現地でのATM引き出しも少し面倒なときもあります。

じゃあ、カード払い(=ショッピング利用)のときにお得なおすすめカードはどれなのか?この疑問を、このページでは解明していきたいと思います。

クレカの海外ショッピングには海外事務処理手数料(1.6%〜2%)がかかる

まず、クレジットカードや銀行のデビットカードのショッピング利用、つまりカード払いのときは、支払い先が海外だと、

「海外事務処理手数料」
「外貨取扱手数料」
「海外ショッピング事務手数料」
「海外取引関係処理経費」

などと呼ばれる手数料がかかります。呼び方はいろいろですが、手数料率は1.6%〜3%くらいです。カードごとの手数料は、↓こちら。

海外ショッピングに上乗せされる手数料一覧

(2017年8月現在)

海外ショッピング手数料一覧

例えば、1.6%の海外事務処理手数料のカードなら、2万円の買物をすると320円の手数料が取られる、という意味です。

ちなみに、↑この手数料は、クレジットカードでの海外ATM引き出し(=海外キャッシング)のときはかかりません。クレジットカードではショッピング利用のときだけかかります。だから、海外ショッピングは、海外キャッシングよりも少し損になっちゃうのです。

銀行のデビットカードの場合は、残念ながら、海外ATM引き出しでも、海外ショッピングでも両方かかります(ただし、次で紹介する、↓この銀行のデビットカードは例外)。

海外カード払い(海外ショッピング)で一番お得なカード

でも、よく探してみると、海外カード払い(海外ショッピング)でも、飛び抜けておトクなカードって、あるんです。(「海外キャッシングでお得なセディナカード」と同じような存在ですね)

それが、ソニーバンクウォレット(=ソニー銀行のデビットカード)です。

ソニーバンクウォレットは1週間で到着した

なぜ、お得なのか。それはソニーバンクウォレット(=ソニー銀行のデビットカード)は、「海外事務処理手数料」を取らないから、です!(指定10通貨なら、の話)

ソニー銀行は、外貨両替&外貨口座に力を入れていて、「うちで外貨両替さえしてくれれば、カード払いのとき手数料は取らないよ」というスタンスなのです。私たち海外旅行者にとって、すばらしい考え方ですね!

ただし、そのソニー銀行の「手数料無料」のおトクさには、条件があります。

●指定10通貨
 (米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、スイスフラン、香港ドル、南アランド、スウェーデンクローナ)

↑この指定10通貨のときだけ、「海外事務処理手数料」が無料になります。指定10通貨以外の通貨の場合は、1.76%の手数料がかかるので、普通のカードに成り下がります。

ご質問の中の国では、アメリカ、ドイツ、イギリス、フランス、イタリアが、指定10通貨で対応できますね。

ソニーバンクウォレット(=ソニー銀行のデビットカード)の使い方のコツ

ソニーバンクウォレットの使い方のコツとしては、「使いたい通貨の外貨口座を作っておくこと」。これだけです。その外貨口座に外貨預金をすることは必須ではありません。円高であれば、外貨預金しておいてもいい、くらいの感じです。

目的の通貨の外貨口座さえ開いておけば、あとは、残高ゼロの場合は、日本円預金から自動的に外貨両替される仕組みです。しかも、その自動外貨両替のレートは、ソニー銀行独自のレートなので、お得です。

ソニー銀行は米ドル・ユーロなど外貨両替もおトク

ソニーバンクウォレットを使う場合、唯一のコストが、円から指定10通貨へ外貨両替するときの両替手数料です。しかし、ソニー銀行ではその両替手数料も非常に少なく、おトクです。

例えば、質問の中にあった、アメリカ、ドイツ、イギリス、フランス、イタリアの海外通販を利用すると想定して、米ドル・ユーロ・英ポンドの、今日の両替手数料(為替手数料)を見てみましょう。↓こんな感じです。

ソニー銀行の両替手数料(2017年2月24日)
ソニー銀行2017年2月24日の為替レート&手数料
米ドル:112.84円につき上乗せ0.15円=0.133%
ユーロ:119.33円につき上乗せ0.15円=0.126%
英ポンド:141.56円につき上乗せ0.45円=0.318%

比較対象:セディナカード(マスター)の合計手数料 0.35%

以上のことから、米ドル・ユーロ・英ポンドの場合は、ソニーバンクウォレットで、そのままカード払いしたほうが得ということがわかりました。

円高のレートの良いときに外貨両替できていれば、さらにお得になりますね。

カナダドル、豪ドルなど、その他の通貨の場合

気になったので、米ドル・ユーロ・英ポンド以外の場合も、調べてみました。ソニー銀行の外貨両替レートは、過去のものが見れないので2017年8月8日のものを利用。VISAとマスターは変動が激しいので、3日分のデータを取ってみて比較。結果は、↓こんな感じになりました。

(おトクなのが青、損なのが赤)
ソニー銀行外貨両替レートとVISA・マスターレートとの比較

まとめると、↓こうなります。

●ソニーバンクウォレットでの支払いがお得な通貨
米ドル、ユーロ、英ポンド、スイスフラン

●ソニーバンクウォレットよりセディナカード(マスター)のATM引き出しのほうが良い通貨
豪ドル、NZドル、カナダドル、香港ドル、スウェーデンクローナ

●ソニーバンクウォレットは使わないほうが良い通貨
南アランド

と言っても、あくまでこれは、セディナカードの「海外ATM引き出し(=海外キャッシング)」と比較した場合の結果です。海外のカード払いでは、ソニーバンクウォレットが一番お得なカードであることには間違いないので、誤解しないでくださいね。

ソニーバンクウォレットは指定10通貨以外の場合は、使わないほうがいい

あと、参考までに、中国(人民元)と台湾(台湾ドル)の場合も考えてみましょう。

ソニーバンクウォレットで、指定10通貨以外の場合は、1.76%の手数料がかかり、得ではありません。

他の一般的なクレジットカードでも1.6%や1.63%なので、そちらを使ったほうが得ですね。現地へ行くことができるなら、セディナカードで現地ATMで引き出しをするのが一番おトクになります。

以上、

ご質問に対する回答でした。

まとめ

ポイントをまとめておきます。

●海外でカード払いするなら、ソニー銀行のデビットカード「ソニーバンクウォレット」が一番おトク。
●ただし、指定10通貨限定(米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、スイスフラン、香港ドル、南アランド、スウェーデンクローナ)。
●特に、米ドル、ユーロ、英ポンド、スイス・フランでは、セディナカードの海外キャッシングより、おトク。
●豪ドル、NZドル、カナダドル、スイスフラン、香港ドル、スウェーデンクローナでは、セディナカードの海外キャッシングには負けるが、カード払いでは一番おトク。
●南アフリカのランドでは、あまり得ではない。
●台湾ドルや中国元など、指定10通貨以外だと追加手数料がかかるので、「ソニーバンクウォレット」を使わず、他のクレジットカードで支払ったほうが手数料は少ない。

ソニーバンクウォレットに興味を持たれたら、↓こちらに細かく説明してあるので、ぜひお読みください!

【参考記事】

ソニー銀行のデビットカードが海外で最強である3つの理由

このサイトが役立つと思われたなら、ぜひシェアをお願いします!!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ