エポスカード海外キャッシングで一番お得に返済する方法(最速繰り上げ返済)

エポスカードの海外キャッシングを最もお得にする方法

エポスカードでの海外ATM引き出し(=海外キャッシング)は、普通の利用方法では、早期のネット返済ができません。そのため、セディナカードと比較すると利息が多くかかってしまうのがダメな点でした。

しかし、ある方法を使うと、エポスカードでも早く返済が可能になります!

その方法なら、セディナカードよりも早く返済することも可能です。

早く返済できれば、支払う利息は少なくなります。余裕があるときは、早めに支払ってしまいたいところです。

例えば、外貨5万円分を海外ATMで引き出したとします。利息は、毎日約25円かかります(50,000円×18%÷365日=24.7円)。銀行引落し日まで40日間とすると、約1000円の利息。

それが、翌日に返済できれば利息はゼロ。1000円の節約です。

しかも、エポスは、ネット上で返済操作をすべて行えます。これは便利。

そんなお得な方法を、ここでは紹介します。

エポスでもお得なペイジー払い

海外キャッシングは、借金なので利息がかかります。そして利息は、毎日増えていきます。↓こんなイメージですね。

海外キャッシングの場合、利息は毎日増えていく

なので、借りた分を早めに返済してしまえば、利息は減ります。それが繰上げ返済です。↓こんなイメージです。

繰り上げて支払うことで利息を止めるのが繰上返済

エポスカードの繰り上げ返済の中でも、お得なのはペイジー払い(Pay-easy払い)です。

pay-easy(ペイジー) ロゴ

ペイジー払いのメリットは↓こんな感じ。

ペイジー払いのメリット
●振込手数料ゼロで返済できる
●ネット上で返済完了できるので電話代やATMまで行く交通費も不要

昔からある「キャッシングの繰り上げ返済」は、カード会社に電話し(=電話代が発生)、その日までの返済額を聞いてから銀行振込(=振込手数料が発生)が必要でした。ペイジーだとそれらは一切不要。

カード利用の返済でペイジーが使えるのは、エポス、セディナ、セゾン、アコムなど、限られたカードだけです。

エポスではペイジー払いできる対象が限定されている

エポスのペイジー払いは2種類しか選べない
エポスのペイジー払いは↑この2種類からしか選べない(エポス公式サイトより)

そんなお得なペイジー払いなのですが、エポスカードのペイジー払いは使い方が限定されています。↓こんな感じ。

エポスカードでペイジー払いできる対象は2つだけ
①その月の確定請求額
②リボ払い分

↑これだと困るんですよね。なぜなら、海外キャッシングして、すぐに返済したい場合、その利用分が①にも②にも含まれておらず、ペイジー返済できないから。

①にも②にも含まれない理由としては、①は、海外キャッシング利用データが確定請求となるのは大体、翌月の6日頃だから。②は、エポスカードでは通常の支払いは一括払いだから。

じゃあ、どうすればいいのか。

①は、どうしようもないので、②のリボ払いに含まれるようにすればいい。

↓この手続きをすれば、いいのです。

ポイントは「リボ変更」すること=即時返済できるようになる

エポス会員サイト内のリボ払い変更ボタン
エポス会員サイト内のリボ払い変更ボタン。これを使います

エポスは、支払いを「リボ変更」(リボ払いへの変更)することができます。そして、リボ変更すれば、そのリボ払いの対象は、「リボ増額払い」を選ぶことによって、すぐに返済することができるんです。

エポスのリボ変更手順

リボ払いへの変更は、簡単です。実際の変更方法と返済方法を見ながら解説しましょう。

下記は、韓国ソウルで2019年4月25日と26日に海外キャッシングしたものを翌日の4月27日に、リボ変更&返済した画面です。

●会員サイト「エポスnet」の「お支払予定額紹介」画面には、↓こんな感じで「リボ払いに変更」ボタンがあります。

●エポスnetの「ご利用明細」の画面なら、キャッシング1回ごとに「リボ変更」を選択することが可能です。↓

今回は、↑この「ご利用明細」の画面から、リボ変更してみましょう。

↓「リボ変更」にチェックを入れると、背景がピンクに変わり、画面下にリボ変更の合計額と確認ボタンが出ます。

↓リボ変更の確認画面。下の赤いボタンの「申込みに進む」を押します。

↓リボ変更が完了しました。

↓リボ変更が完了すると、このようなメールが2通、届きます。

メール①
「エポスNet」リボ変更手続き完了のお知らせ

メール②
エポスカードより「リボ変更のお知らせ」

リボ変更後の返済手順

では、ここからは、リボ変更後の返済手順を解説します。

※毎日23:30〜23:59は、この返済方法は使えないので注意してください。また、手続き中に日付が変わった場合も支払いできなくなるので注意。

↓会員サイト「エポスnet」の右上のメニューボタンを押します。

↓メニュー内容が広がるので、「お支払いの変更」を押します。すると、お支払いメニューが広がるので、その中の「ネットバンキングで支払う(Pay-easy入金)」を押します。

↓「インターネット入金(ペイジー)のページが開きます。タテに細長いページです。ページの真ん中あたりにある2つの赤いボタンの下のボタン「リボ増額払い」を押します。

↓ペイジー払いのページになりました。「次のステップへ」を押します。

↓支払い金額入力画面です。支払い金額を入力して、一番下の確認ボタンを押します。

↓確認画面です。一番下の「同意して次に進む(三菱UFJファクターのサイトへ)」を押します。

↓三菱UFJファクターのサイトが開きます。URLが変わりましたね。

↓ページの一番下の「同意する(金融機関選択へ)」を押します。

↓使いたい銀行を探して選びます。

↓今回、私は、ジャパンネット銀行を選んでみました。「お支払いする(金融機関サイトへ)」を押します。

↓再度、確認画面です。「移動する」を押します。

↓ジャパンネット銀行のログイン画面になりました。ログインします。

↓ジャパンネット銀行のサイトにログインすると、こんな感じでペイジー払いする内容が表示されます。

↓ワンタイムパスワードを入力し、「払い込み」を押します。

↓ペイジー払い込み完了画面が出ました。

↓ペイジーでの払い込み手続きが完了すると、このようなメールが届きます。

メール エポスカードより「キャッシングご返済のお知らせ」

エポスの海外キャッシングのメリットとデメリットまとめ

ここまでの解説で、エポスカードでもリボ変更すれば、すぐに早期返済(繰上げ返済)ができることがわかったと思います。

そこで、エポスでの海外キャッシングのメリットとデメリットをまとめておきます。

エポスの海外キャッシングのメリット
VISAは海外ATM利用の反映が早い。翌日反映のことも。
反映が早いので、そのぶん支払い利息を少なくできる
海外ATMオーナー手数料が取られない(これは多くのクレカも同じ)

エポスの海外キャッシングのデメリット
毎回、エポスにATM手数料が取られる(1回ごとに100〜200円(税別))
VISAのレートが、masterやJCBと比較してイマイチ良くない

詳しくは、↓この記事で解説しています。

海外13ヶ所調査。エポスカードの海外キャッシングと繰上げ返済のコツ

↑これらのメリット・デメリットを理解した上で、エポスカードの海外キャッシングを使うのは、十分にアリです。

エポスカードは、付帯する海外旅行保険ではダントツでお得なカードです。解説記事はこちら。

海外キャッシングでも、ぜひお得に使ってみてくださいね!

エポスカード公式サイト

このサイトが役立つと思われたなら、ぜひシェアをお願いします!!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ [?]のむてつに質問する